주요 기사 바로가기

韓国、青瓦台襲撃事件で北兵士をスパイに…発覚後は死刑?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.06 08:58
0
「1968年1・12事態当時の青瓦台(チョンワデ、大統領府)襲撃組は31人なのか、それとも33人なのか」。事態発生から44年ぶりに新たな証言が出てきて、国家情報院が関連事実を公開すべきだという指摘が出ている。

68年当時、韓国政府は「青瓦台襲撃を狙った北朝鮮第124軍特殊部隊ゲリラ31人のうち金新朝(キム・シンジョ)だけを逮捕し、30人は射殺した」と発表した。しかし▽31人ではなく33人が侵入した▽うち2人が「脅迫」で韓国のスパイになった▽2人は「人民軍最高地位に出世しろ」という指令を受けて帰国した▽その後、それぞれ上将(中将)と中将(少将)に進級したが、98年に身分が明らかになって死刑になった--という証言が出てきた。

第124軍部隊の後身である第711部隊の第8大隊出身大佐級の脱北者H(57)は「70年代に入隊した第8大隊で『襲撃組33人、2人脱出』という教育を受け、大隊戦闘記録帳にも2ページにわたり、このように記録されている」とし「2人はウ・ミョンフンと第8大隊大隊長のイム・テヨン」と明らかにした。

第711旅団の第7大隊に73年に入隊した脱北者C(56)も「新兵教育当時、大隊教育中隊長が『33人が青瓦台100メートル前まで入り、金新朝が変節して捕まったが、イムとウの2人は生きて帰ってきた』と話した」と伝えた。

68年当時、金新朝に対する調査の責任者だったペク・ドンリム氏(当時大尉)も「記憶しているのは33人」と述べた。


韓国、青瓦台襲撃事件で北兵士をスパイに…発覚後は死刑?(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、青瓦台襲撃事件で北兵士をスパイに…発覚後は死刑?(1)

    2012.02.06 08:58
    뉴스 메뉴 보기
    1・21事態に関して新たな証言を出した北朝鮮特殊部隊出身の脱北者Hが先月31日、京幾道南揚州(キョンギド・ナムヤンジュ)のソンナク教会で金新朝(キム・シンジョ)氏と対話をした。
    TOP