주요 기사 바로가기

【社説】幼い実習生を酷使してどれだけ儲けようと…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.02 16:27
0
昨年12月、産業現場で実習中の高校生(18)が脳出血で倒れた起亜(キア)車光州(クァンジュ)工場で、多くの違法行為が摘発された。 雇用労働部が特別勤労監督をした結果、賃金未払い、勤労時間違反、年少者未認可夜間・休日勤務など、労働関連のほぼすべての分野で82件の違反事項が出てきた。

特に高校生の実習生138人に延長勤労限度を超過して働かせた点が目を引く。 このうち78人は雇用労働部長官の認可を受けてこそ夜間・休日勤労が可能な18歳未満の年少者だが、手続きを無視して働かせていたことが明らかになった。 さらに一部の手当と賞与金をきちんと支払っていなかったことが明らかになり、実習を口実に高校生を安い労働力として活用していたのではと疑われている。 起亜車光州工場のように社会的責任が大きい企業でこういうことが行われていたというのは衝撃だ。

職場を求める実習生は現場実習が就職につながる可能性があるという点で、事業場側がやや無理な指示をしても受け入れるしかない弱者だ。 実習中だった高校生が脳出血で倒れるまで、みんながこういう状況を隠していた。

政府は再発を防ぐため、まずは実習生がいる事業場の勤労監督を強化し、長期的には実習生を労働現場で保護するシステムづくりが求められる。 また就職を切実に望む状況を悪用して、違法に年少者を働かせることがないよう、政府と国会は新しい立法を含めて対策を打ち出す必要がある。 今回の件をきっかけに、教育と産業が機能的につながる模範的な産学協力モデルが構築されるよう、労使と産業界、学校、政府が額を集めなければならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP