주요 기사 바로가기

現代自動車、ソナタハイブリッドの普及モデルを投入

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.02.01 12:06
0
現代(ヒョンデ)自動車が「ソナタ」のハイブリッド普及型モデルでハイブリッド市場の裾野拡大を進める。

現代自動車は1日、ソナタハイブリッドを経済性の負担なく享受できる「ソナタハイブリッド・スマートモデル」を発売した。

スマートモデルは優れた燃費と親環境性にもかかわらず、価格のため簡単にハイブリッドカーを購入できない顧客のために性能はそのまま維持しながらも価格を低くした普及型モデルだ。生産コストを低くするため既存のプレミアモデルから革製ステアリングホイール、自動変速機、人造皮革ドアセンタートリム、後部座席センターアームレストなど一部便宜仕様を省いた。

現代自動車関係者は、「これまでハイブリッドの高い経済性にもかかわらず、初期購入費用に対する負担からハイブリッドモデルを購入できない顧客のためにハイブリッド市場拡大の側面から最適な低価格モデルを投入した」と明らかにした。

スマートモデルの価格はプレミアモデルの3118万ウォン(約210万円)より110万ウォン安い2865万ウォン。ここに維持費節減と登録費減免、公債割引、混雑通行料免除、公営駐車料50%減免など様々な恩恵を考慮する経済性はさらに高いというのが会社側の分析だ。

現代自動車はソナタハイブリッド購入顧客を対象に、30日以内に不満な場合は他の車両と交換する車種交換プログラム、購入後1年以内の事故発生時に新車に交換する新車交換プログラム、ハイブリッド専用部品最大保証サービスなど多様な保障サービスを実施している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代自動車、ソナタハイブリッドの普及モデルを投入

    2012.02.01 12:06
    뉴스 메뉴 보기
    現代(ヒョンデ)自動車「ソナタ」のハイブリッド普及型モデル。
    TOP