주요 기사 바로가기

デザインを一新した現代車「ソナタ」ハイブリッド

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.17 14:56
0
「ソナタ」ハイブリッドは六角ラジエーターグリルで外観デザインの変身を図った。現代(ヒョンデ)車が先月発表した「ソナタ」ハイブリッドは、「線の輪郭が強すぎる」という指摘を受けてきたデザインを大きく変えたほか、燃費を革新的に改善したことで、人気を呼んでいる。

起亜「K5」ハイブリッドが従来のデザインをそのまま維持したのに対し、「ソナタ」は前面を大々的に変えている。いわゆる「三葉虫グリル」と呼ばれたラジエーターグリルを六角形(ヘクサゴナル)に変えたのがポイントだ。

ヘッドランプ周辺部(ライトガイド)にはLED照明を新しく入れた。「ジェネシス」と似た形だ。側面は従来の「ソナタ」に使った大胆なラインをそのまま維持した。ハイブリッド専用デザインで生まれ変わったが、「ソナタ」のアイデンティティーは失われていない。

動力系統はK5ハイブリッドと全く同じだ。エンジンと変速機の間にクラッチと電気モーターを置いて動力を制御する方式で、構造が簡単という長所がある。始動ボタンを押せば、エンジンは停止したまま計器板に「READY」という文字がつく。アクセルを踏めば、しばらく電気モーターだけが動く。続いて時速20キロを超えると、柔らかくエンジンが始動する。

150馬力を出すガソリンエンジンに41馬力の電気モーター(30kW)を組み合わせたこの車は、加速力の不足が感じられない。重さは150キロほど重いが、2.0Lガソリンモデルより余裕のある力が感じられる。サスペンションは適当に柔らかい。ハイブリッドモデルはスピーディーなコーナーリングより、ソフトなドライビングに焦点を合わせたからだ。電気モーターで操作されるステアリングホイールは重い。

時速130-140キロまで加速が柔らかく進む。じれったさはない。自動車専用道路で時速80-100キロを維持した時、燃費が最もよい。この車の特徴は、このように中高速運転でエンジンを停止したまま電気モーターだけで一定区間走行できるという点だ。公認燃費は21キロだが、燃費を気を配りながら200キロを運転したところ、実際の燃費は16キロほどだった。時速120キロの高速区間と急加速で燃費が落ちたからだ。

ガソリンモデルより約400万ウォン高いハイブリッド車を購入し、3、4年後にガソリン代を取り戻すという考えているなら誤算だ。ハイブリッド車の実走行燃費は公認燃費の70%にすぎない。しかも短期な運転手が荒っぽい運転をすれば、この数値を確保するのも容易でない。さらに高価格な専用部品や中古車価格まで考えると、購入はためらうかもしれない。こうした経済的な理由よりも地球の環境を考える‘クール’なイメージ、そして先端技術を感じるという目に見えない価値に点数を与えれば、財布を開きやすいかもしれない。

この車にふさわしくないポイント一つ。燃費が最も重要だが、重さが50キロ以上のパノラマサンルーフを付けている。しかも空気循環のためのティルティング機能を使う場合、日光を遮断するサンバイザーをすべて開かなければならず不便だ。これをしないだけで燃費が0.5キロほど良くなる。価格(税金優遇含む)は一般型が2975万ウォン(約230万円)、高級型が3295万ウォン。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    デザインを一新した現代車「ソナタ」ハイブリッド

    2011.06.17 14:56
    뉴스 메뉴 보기
    現代自動車「ソナタ」ハイブリッド。
    TOP