주요 기사 바로가기

<サッカー>朴主永側「あきらめずにアーセナル残留」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.01.16 16:38
0
いまや19歳の有望株にも押し出されている。朴主永(パク・ジュヨン、27、アーセナル)のチーム内での位置づけが心配だ。 しかしアーセナルで生存するという闘志はまだ失っていない。

アーセナルは16日(日本時間)午前、ウェールズリバティースタジアムで行われたイングランドプレミアリーグ第21節でスウォンジーシティと対戦した。 アフリカ出身のFWシャマフ(28、モロッコ)とゲルヴィーニョ(25、コートジボワール)がともにネーションズカップ出場のためにチームを離れた後に行った最初の試合だった。

しかしベンゲル監督は今回も朴主永に背を向けた。 先発にロビン・ファン・ペルシー(28)を起用した。 最初の交代カードには、米国から短期レンタルした‘帰ってきたキング’ティエリ・アンリ(35)を選択した。 後半32分の最後の交代選手にも朴主永ではなくオックスレイド・チェンバレン(19)を投入した。 交代メンバーに含まれ、出場の準備をしていた朴主永(パク・ジュヨン)だが、ベンチに戻り、分厚いジャンパーを着ながら、チームの2-3の敗戦を見守った。

にもかかわらず朴主永のアーセナル残留意志が変わらない。 韓国国内の代理人キム・ドンホ氏は最近、日刊スポーツとの電話で「朴主永が冬の移籍市場にチームを移ることはないはず。 まだ適応段階と考えている」とし「1月中にレンタルや移籍でアーセナルを離れることはないだろう」と述べた。

朴主永のもう一人の側近も「朴主永はプライドが高い。 現在チームでプレーできないからといってあきらめる選手ではない。 朴主永が今季はアーセナルで終えるという考えを表した」と伝えた。

朴主永には実際、他の名門リーグの中位圏チームに移籍する機会もあった。 匿名を求めたエージェントは「この冬に朴主永側に移籍の意向を打診したが、朴主永が移籍を願わなかったため、移籍を進めなかった」と明らかにした。

アーセナルは11勝7敗3分けでリーグ5位につけている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>朴主永側「あきらめずにアーセナル残留」

    2012.01.16 16:38
    뉴스 메뉴 보기
    朴主永(パク・ジュヨン、27、アーセナル)。
    TOP