주요 기사 바로가기

<サッカー>英移籍の李忠成「車範根のように成功する」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.01.18 11:52
0
在日同胞4世の日本サッカー代表FW李忠成(27)。完全な韓国人でも、完全な日本人でもない選手だ。04年に韓国U-18(18歳以下)代表チームに背を向けられた痛い記憶がトラウマとして残っている。李忠成は07年に帰化し、日本代表になった。昨年1月に開催されたアジアカップでは、オーストラリアとの決勝戦で延長決勝ゴールを決め、日本の優勝に大きく貢献した。その李忠成が英国に行く。

昨季Jリーグのサンフレッチェ広島で15ゴールを決め、得点3位となった李忠成は、イングランドチャンピオンシップ(2部リーグ)サウサンプトン移籍を決めた。年俸は80万ポンド(約14億ウォン)、契約期間は2013年6月まで。就業許可書の発給が遅れ、現在、日本にいる李忠成に18日、電話でインタビューをした。李忠成は22日ごろ英国に向かう予定だ。李忠成は韓国語がうまく話せず、父イ・チョルテさン(53)の助けを借りた。李忠成は「車範根(チャ・ボムグン)のようにヨーロッパで東洋人のFWとして成功したい」と語った。

--サウサンプトン移籍を決心した背景は。

「車範根や高原直泰のように欧州で東洋人FWとして成功したかった。イングランド、イタリア、ドイツのチームからオファーがあった。悩んだ末、サウサンプトンを選んだ。その間、日本の選手はドイツと違って、イングランドの舞台では強烈な印象を残せなかった。韓国選手の朴智星(パク・チソン、マンU)や李青竜(イ・チョンヨン、ボルトン)の成功が刺激になった。サウサンプトンはパスプレーをする広島とスタイルが似ているという点にも引かれた」

--KリーグのFCソウル行きも考えたというが。

「ヨーロッパ進出とともに浦和レッズ(日本)、FCソウル移籍も念頭に置いていた。昨年末、父が代理人と一緒にFCソウル球団を訪問した。デヤン、モリーナと一緒にトライアングル攻撃陣を構築すればよいという考えもしていた」

--シーズン中にサウサンプトンに合流する。今シーズンの目標は。

「サウサンプトンはチャンピオンシップ23チームのうちトップ(15勝6敗5分け、18日現在)だが、まだ20試合も残っている。FWなのでゴールを決めて1部リーグ昇格に寄与したい。海外での最後のチャンスという考えでサッカー人生をかける。若い頃、日本でサッカー選手として少しプレーをした父がスペインの闘牛に例えて『牛をかわす闘牛士のように、体格がよいヨーロッパの選手たちをスピードと技術を生かしてかわさなければいけない』と話したが、この助言を胸に刻んで渾身の力で頑張りたい」

--来季昇格すれば韓国人の朴智星と李青竜、朴主永(パク・ジュヨン、アーセナル)、日本人の宮市亮(アーセナル)と対戦する可能性もある。

「朴智星先輩とグラウンドで対戦したことがない(昨年1月のアジアカップ準決勝では李忠成は出場しなかった。昨年8月の親善試合ではすでに朴智星は引退していた。当時、李忠成は先制ゴールをアシストし、韓国に0-3の惨敗を抱かせた)。アジアカップの準決勝であいさつを交わしたので温かく迎えてくれそうだ。他の選手との対戦も期待される。もちろん1部リーグ昇格が先決課題となる」

--韓国が2014年ブラジルワールドカップ(W杯)アジア最終予選に進出すれば、日本と同じ組になる可能性がある。

「日本とオーストラリアが最終予選トップ(1番)シードを受けたと聞いている。日本と韓国が同じ組にならないことを望む。同じ組に入れば複雑な気持ちになりそうだ。別の組になって両国が一緒にブラジルに行ければいい」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>英移籍の李忠成「車範根のように成功する」

    2012.01.18 11:52
    뉴스 메뉴 보기
    在日同胞4世の日本サッカー代表FW李忠成(27)
    TOP