주요 기사 바로가기

“コピー”水準だった中国ITがサムスン・LGを猛追(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.13 11:10
0
中国は特に携帯電話市場で躍進している。ファーウェイは昨年1-3月期までスマートフォン市場で存在感がなかった。しかし4-6月期には世界スマートフォン市場で2.7%、7-9月期には4%と影響力を拡大した。モトローラと同じシェアで、LG電子(3.7%)を上回った。

中国企業ZTEも同じだ。2010年までほとんど無名だったZTEは昨年1-3月期、スマートフォン市場シェア1.4%で名前が知られると、2.3%(4-6月期)、3.2%(7-9月期)と急速に成長している。フィーチャーフォン(一般フォン)とスマートフォンを合わせた全体の携帯電話シェアは4.8%と、いつのまにノキア・サムスン・LGに次いで世界4位になった。

レノボも今年のCESでスマートフォン事業進出を宣言した。インテルと提携して初めての製品K800を発表した。レノボはIBMのコンピュータ部門を買収した企業。同社の関係者は「今年上半期中にまず中国で発売する計画」と述べた。このように中国企業の躍進の裏には巨大な内需市場がある。中国移動通信会社チャイナモバイルの加入者は6億人にのぼる。

サムスン電子の関係者は「内需に重点を置きながらも着実に大きな展示会にアイデア商品を出してくる中国企業を見ると、5、6年前の韓国企業の姿を思い出す」と述べた。実際、05年までソニーのような企業の模倣と評価されていたサムスン電子は、06年のCESでボルドーテレビを出して薄型テレビ市場をリードし始め、結局、世界トップ企業になった。


“コピー”水準だった中国ITがサムスン・LGを猛追(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP