주요 기사 바로가기

<CES>革新賞5年受賞の韓国中小企業「ニッチマーケットを狙え」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.12 10:32
0
10日米ラスベガスのCESサウスホール内のあるブース。600平方メートルの少なくない規模の上に映画「アバター」の「生命の樹」をモチーフにした大型構造物が立っているここは韓国の中小家電メーカー、モニュアルの展示場だ。PCやロボット掃除機など生活家電製品を作るモニュアルは6年連続でCESに参加し、5年間にわたりCES革新賞を受賞した。2010年の売り上げは2970億ウォン、従業員は260人に達する。韓国ではロッテマートの格安テレビの製造会社として知られる。サムスンやLG電子のようなグローバル企業が事業を展開する家電分野で会社を設立した「大胆な」人はパク・ホンソク代表だ。

パク代表は「ニッチマーケット(すき間市場)を狙えば良い」と話した。パク代表はアップルの「iPod」を例に挙げた。すでに音楽プレーヤーは出ていたが、音楽ファイルを簡単に購入できる「iTunes」というシステムを用いて音楽愛好家を引きつけたということだ。モニュアルを育てたホームシアターPCもそうした製品だ。ホームシアターにPCを結合し映画や音楽を保存して楽しめるようにした。リモコンを結合したロボット掃除機、ロボット掃除機のように歩き回るロボット空気清浄器も同様の製品だ。格安大型テレビもやはりニッチマーケットを狙ったのだ。パク代表は、「大手企業は収益を出すために大型薄型テレビばかり作る。だが、デジタル放送が本格化すれば明らかに小型薄型テレビを買う人がいると考えた」と説明した。パク代表は「技術が発達し標準化されながら中国メーカーもサムスン製品をコピーすることになった。考えを変えればこそ市場は開かれる」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <CES>革新賞5年受賞の韓国中小企業「ニッチマーケットを狙え」

    2012.01.12 10:32
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の中小家電メーカー、モニュアルのパク・ホンソク代表。
    TOP