주요 기사 바로가기

“コピー”水準だった中国ITがサムスン・LGを猛追(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.13 10:58
0
11日(現地時間)、米ラスベガスで開催されている世界最大の家電見本市「CES」の現場。セントラルホールで最も規模が大きいサムスン電子の展示場のすぐ隣に、中国家電企業の海信集団(ハイセンス)の展示場がある。ハイセンスは中国で3、4位を争う総合電子企業だ。展示場にはスマートテレビと3D(3次元)テレビが展示されている。スマートテレビは外観とユーザーインタフェース(UI)のほか、「スマート」という英語ロゴまで韓国企業の製品と似ている。

LG電子ブースの近くにある中国家電企業の海爾(ハイアール)の高級冷蔵庫は宝石が入ったデザインや色が韓国企業の製品とそっくりだ。一緒にブースを回ったLG電子の関係者は「韓国企業が生産するすべての製品を(中国企業が)すべて生産すると見ればいい」と語った。

CESに参加した韓国企業の関係者が「ソニーとノキアを抜いたが、レノボと華為(ファーウェイ)がすぐ下まで追い上げてきた」と緊張する理由だ。中国企業の技術力とデザインはまだ韓国レベルに達していない。しかし‘単純コピー’のレベルは越えたという評価だ。

ファーウェイは今回の行事で世界で最も薄いスマートフォン「Ascend P1S」を出した。厚さはわずか6.68ミリ。レノボはノートブック画面を180度開けばタブレットPCになる「Idea Pad YOGA(ヨガ)」を発表した。基本ソフト「アンドロイド4.0」を適用した55インチテレビ「K91」でテレビ市場も狙っている。音声コントロール、スマートフォンをリモコンとして使用する点など、機能も韓国製品とあまり変わらない。技術の時間差が大きく縮まったのだ。




“コピー”水準だった中国ITがサムスン・LGを猛追(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP