주요 기사 바로가기

<サッカー>朴主永の決断を望む韓国代表監督

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.01.06 11:53
0
韓国サッカー代表チームのチェ・ガンヒ監督(53)が、朴主永(パク・ジュヨン、27、アーセナル)は試合に出場できるチームを探してほしいという望みを表した。アーセナルでずっとベンチに座っている状況は、来月29日のワールドカップ(W杯)3次予選最終戦(クウェート戦)にもよくない。

チェ・ガンヒ監督は5日のインタビューで、「海外に出て行った選手の能力は疑いの余地がない。しかし自分に合ったチームを選択し、信頼を抱いてもらえる指導者に会い、競技力につなげなければいけない」と述べた。続いて「良い能力を持っているのに、チームと合わず、競争で劣ることになれば、韓国サッカー全体の損失となる。しかし大きな枠で見れば、海外組を無条件に排除して国内組で臨むということではない」と話した。海外組全体に対して話したことだが、現状況を考えると朴主永に向けた言葉だった。チームを移る決断も必要というニュアンスだった。

朴主永は昨年、アーセナルに移籍した後、まだプレミアリーグ試合には一度も出場していない。カーリングカップと欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグで計4試合に出場し、1得点した。リーグではゲルヴィーニョ(25)、シャマフ(28)、アルシャビン(31)の影に隠れ、交代出場もできない状況だ。最近は交代メンバーからも抜けるなど、事実上、戦力外選手に分類されている。さらにアーセナルは冬の移籍市場でティエリ・アンリ(35)を短期レンタルした。もう朴主永の立つ瀬はない。

朴主永は4日(日本時間)、久しぶりにグラウンドに姿を現した。2軍試合だった。朴主永は数回のゴールチャンスを逃し、チームはサンダーランド2軍に0-2で敗れた。アーセナルのバンフィールド2軍監督は「朴主永が2軍チームに戻ってきたのは好材料だった。しかしサンダーランド戦で彼らはこれといった活躍を見せることができなかった」と話した。朴主永は昨年11月30日のマンチェスターシティ戦(カーリングカップ)以来およそ1カ月ぶりに試合に出場した。

しかし、韓国代表チームでは違うという見方が多い。朴主永は昨年9月に行われたW杯3次予選のレバノン戦から5試合連続で得点している。アーセナルに移籍したばかりで試合に出場していない状況だったが、韓国代表チームに戻ってくると大活躍した。この点はチェ監督を悩ませる部分だ。

チェ監督は「朴主永は屈指の好選手。しかし試合に出ていなければ心理的な問題が発生しる。自信を失ってミスを恐れるようになれば、スランプがくるおそれもある」と述べた。チェ監督は「現場に行くか、電話で話すかして、最後までコンディションを確認する」と語った。チェ監督は李東国(イ・ドングク)-朴主永のツートップの可能性も念頭に置いている。朴主永がアーセナルに残るのか、レンタルまたは移籍で自分の生きる道を探すのかが関心を集めている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>朴主永の決断を望む韓国代表監督

    2012.01.06 11:53
    뉴스 메뉴 보기
    朴主永(パク・ジュヨン、27、アーセナル)。
    TOP