주요 기사 바로가기

北朝鮮の鉱物資源、韓国で1万8000年間使用できるマグネサイトも…(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.28 17:31
0
越北詩人・朴世永(パク・セヨン)が作詞した北朝鮮の愛国歌は「朝は輝け、この山河、金銀の資源も豊かで、三千里うるわしわが祖国」で始まる。 歌詞の通り北朝鮮は‘鉱物強国’だ。 南北間の経済指標で北朝鮮が上回る唯一の分野が鉱物資源。 その資源に周辺国は目を向けている。 中国が北朝鮮鉱物開発に直接飛び込み始めたのもそのためだ。 韓国にも北朝鮮鉱物は南北間の経済協力を支える資産だ。 ところがこの資産には難題も隠れている。 それは北朝鮮の遅れたインフラと‘北朝鮮リスク’だ。 北朝鮮鉱物資源の現況と今後の開発上の問題について探ってみる。

2007年7月に北朝鮮端川市(タンチョンシ)のデフン鉱山を訪れた南北交流協力支援協会の関係者は目の前に広がる光景に驚いた。 「山全体が真っ白なマグネサイトだった。 その後ろにある山も白かった。 北朝鮮がその辺りの山をなぜ‘白金山’と呼んでいるか分かった」(チェ・ギョンス北韓資源研究所長)。坑道を掘り下げていく必要もなく、掘削機で掘れば済むマグネサイト露天鉱を見たのだ。

韓国鉱物資源公社によると、韓国が全量輸入に依存しているマグネサイトが端川市一帯に36億トン埋まっていると推定される。 昨年の韓国の輸入量は19万8600トン。端川市の鉱山を掘るだけで韓国の1万8000年間の輸入量になる。

昨年12月に統計庁が発表した「北朝鮮主要統計指標」によると、北朝鮮の主要鉱物埋蔵量は金2000トン(61兆3274億ウォン)、鉄5000億トン(304兆5300億ウォン)、マグネサイト60億トン(2679兆7320億ウォン)、無煙炭45億トン(519兆4350億ウォン)、銅290万トン(9兆2791億ウォン)など、韓国を圧倒する。 韓国内の金埋蔵量は42.7トンにすぎない。 産業の根幹である鉄の埋蔵量も韓国は37億3000万トンだが、北朝鮮の鉄鉱石埋蔵量は韓国の134倍にのぼる。 韓国鉱物公社は08年、北朝鮮内の主要鉱物の潜在価値を6983兆5936億ウォンと推定した。 韓国の鉱物潜在価値(289兆1349億ウォン)の24倍だ。
北朝鮮の鉱物資源、韓国で1万8000年間使用できるマグネサイトも…(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP