주요 기사 바로가기

ベールを脱いだスティーブ・ジョブズの伝記(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.25 11:38
0
7歳のスティーブ・ジョブズは泣きながら家に飛び込んだ。「君の本当の両親は君を望んでなかったの?」。養子縁組されたというジョブズの話に近所の女の子が投げたこの一言のせいだった。しかし養父母はジョブズを抱きしめ確信を持って話した。「違う。私たちが君を特別に選択したんだ」。捨てられたりあるいは特別に選択されたり。アップル創業者スティーブ・ジョブズの人生は一生にわたりこの2つを行き来した。

スティーブ・ジョブズの公式伝記が24日に出版された。タイム編集長を務めたウォルター・アイザックソンが40回以上ジョブズと会って内密な話を引き出した。伝記に現れたジョブズのキーワードは「捨てられた」「選択」、そして「特別さ」だった。

「母さん行かないで。父さん戻ってきて」。青年ジョブズはジョン・レノンの歌「マザー」をたびたび歌った。友人らには「両親を知らない苦痛だ」と打ち明けた。極端な菜食主義になったのもこれを克服しようとする苦闘だったと周囲の人々は話した。菜食主義は後日摂食障害につながり彼の健康を大きく害することになる。彼は自分を捨てた両親を「精子と卵子の銀行にすぎない」と冷静に話し、養父母を「1000%私の両親」として一生尊敬した。運命は意地悪にも繰り返された。ガールフレンドのクリスアン・ブレナンがジョブズの子どもを妊娠した時2人は23歳だった。両親がジョブズを持った歳だ。ジョブズは堕胎を勧め「養子に出すことだけは絶対するな」とも話した。ジョブズは晩年になりこれを後悔した。

捨てると選択の両極端の間でジョブズは「特別さ」に執着した。アップル創始期に社員に番号を割り振ったが、共同創業者のスティーブ・ウォズニアックは1番、ジョブズは2番だった。するとジョブズは「私が1番だ」と言い張り泣いてしまった。
ベールを脱いだスティーブ・ジョブズの伝記(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ベールを脱いだスティーブ・ジョブズの伝記(1)

    2011.10.25 11:38
    뉴스 메뉴 보기
    養父のポール・ジョブズに抱かれた赤ん坊スティーブ・ジョブズ。1956年2歳のスティーブ・ジョブズが養父ポール・ジョブズに抱かれている。高等学校を中退した養父と高卒の養母は「お金を貯めて子どもを大学に入れる」という誓約書を書いてジョブズを養子にした(写真=民音社提供)。
    TOP