주요 기사 바로가기

アップル副社長「舞台のジョブズを見て傷ついた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.18 16:46
0
スティーブ・ジョブズが舞台で新製品を発表しながら賛辞を受ける時、一人の男は胸の中で涙を流した。 ライバル企業の社長ではない。 アップルの首席デザイナーであり副社長のジョナソン・アイブ氏(44、写真)は「ジョブズが私の創意性を自分のもののように話す時、深い傷を受けた」と語った。

ジョブズの右腕としてiPod・iPhone・iPadをデザインし、「アップルのアルマーニ」と呼ばれたアイブ氏。 アイブ氏は、舞台の上のジョブズが革新を誇るのを聞きながら‘体からとげが立つように’心が痛んだという。 25日に世界で同時出版されるジョブズの伝記作家ウォルター・アイザックソンとのインタビューで打ち明けた胸中だ。 17日、中国時報が伝記の内容の一部を入手して報じた。

生前のジョブズはアイブ氏について「アップルの核心を理解する人」「アップルで私の心の同伴者」と表現した。 昨年の「iPhone4」発表会で、アップル機器用の映像通話サービス「フェイスタイム」を披露するためにジョブズが即席で電話をつないだのもアイブ氏だった。 2人は「革新と創意のソウルメート」だったのだ。

問題は、革新の成果がジョブズだけに集中するという点だった。 アイブ氏はアイザックソンに自分の‘心地よくない経験’について口を割った。 「ジョブズは講壇の上ですべてのものが自分の創意力から生まれたように演説した。 私は観客席に座ってその姿を見つめていた。 そのすべての考えやアイデアが書かれた私の手帳を握ったまま」。

1967年に英ロンドンで生まれたアイブ氏は、浴室の洗面台や便器をデザインする会社で働いていたが、92年にアップルに合流した。 アイブ氏の才能が光ったのは97年にジョブズが復帰してからだ。 「iMac」プロジェクトの全権を引き受けたアイブ氏は大成功し、天才デザイナーに仲間入りした。

ジョブズの死後、世界情報技術(IT)業界はアイブ氏の動きに注目している。 ジョブズの精神とデザインを引き継ぐ人物と考えられているからだ。 アイブ氏は悔しさを打ち明けながらも、「ジョブズには、アップルの目標は金儲けでなく、最高の製品をつくることだという所信があった」と変わらない敬意を表した。 アイブ氏はアイザックソンにこう語った。 「ジョブズが絶えず仕事を推進し、さまざまな圧力を防いでくれたため、アップルの製品が世間に出ていくことができた。 そうでなければ、そのアイデアはすべて雲の中に消えていただろう」。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP