주요 기사 바로가기

サムスン電子、「アイフォーン4S」販売差し止め請求へ

ⓒ 中央日報日本語版2011.10.05 17:57
0
サムスン電子が、アップルが新製品「アイフォーン4S」を発売した15時間後に販売差し止め請求という超強硬策に動いた。

サムスン電子は5日午前(現地時間)、フランス・パリとイタリア・ミラノの裁判所で、アップルの「アイフォーン4S」を対象に販売差し止め仮処分を申請すると公式的に明らかにした。

サムスン電子の提訴内容はWCDMA通信標準に関するフランス特許2件とイタリア特許2件。 サムスン電子側は「これはスマートフォンなど通信機器になくてはならない核心技術であり、サムスン電子はアイフォーン新製品がこれを深刻に侵害したため、販売が許されてはならない」と指摘した。

サムスン電子の関係者は「私たちの特許資産に対するアップルの無賃乗車をこれ以上看過しない。追加の検討を経て仮処分申請対象国も順に拡大する方針で、韓国内での訴訟も検討している」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP