주요 기사 바로가기

韓米FTAの勝負に出たオバマ大統領…韓国国会では漂流中(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.05 09:39
0
それだけにFTA法案の処理は加速する可能性が高い。手続き上で見ると、法案は下院歳入委員会-下院本会議-上院財務委員会-上院本会議という複雑な過程を踏むことになる。予算が伴う法案は上院で処理する前に下院を先に通過すべきという憲法規定のためだ。

しかしワシントンの外交消息筋は「オバマ大統領が法案を出したのは、共和党指導部との水面下事前調整が終わったという意味」と述べた。実際、法案通過のカギを握る共和党所属のベイナー下院議長はオバマ大統領の法案提出後、「(韓国・パナマ・コロンビアとの)3件のFTA法案は下院の最優先課題」と述べた。カンター共和党下院院内総務も来週中に法案が処理されるだろうと話した。

オバマ大統領としては「国内用」としてFTAカードを利用したが、韓国大統領として13年ぶりに米国を国賓訪問する李明博(イ・ミョンバク)大統領への大きな贈り物になるという付随効果も大きい。米議会のある消息筋は「速度を上げる場合、李大統領とオバマ大統領のワシントン韓米首脳会談日(13日)前後に法案が通過することも考えられる」と予想した。

問題は米国のFTA履行法案処理が秒読み段階に入っている半面、韓国国会では相変わらず常任委(外交通商統一委員会)で漂流しているという点だ。ハンナラ党は国会の対政府質問(11-17日)が終われば批准案を処理する方針だ。

ハンナラ党所属の南景弼(ナム・ギョンピル)外交通商委員長は「米国より半歩ほど遅れそうだが、あまりにも遅れてはならない」と述べた。ハンナラ党外交通商委幹事の兪奇濬(ユ・ギジュン)議員は「18日または19日に外交通商委を開き、討論と全体会議の議決を経た後、遅くとも10月中に本会議を通過させなければならない」と話した。

しかし民主党の金振杓(キム・ジンピョ)院内代表は「牛肉交渉当時のように米国に贈り物を貢ぐのではなく、民主党の‘再再協議’案を中心に米国側と最後の談判をしなければならない」と主張した。ハンナラ党は米国との‘再再協議’はしないものの民主党が要求する事項を一部反映する案を検討している。
韓米FTAの勝負に出たオバマ大統領…韓国国会では漂流中(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP