주요 기사 바로가기

<取材日記>独モーターショーの主役になった韓国自動車

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.14 11:26
0
13日のプレスデー(記者団公開行事)で開幕した独フランクフルトモーターショー。自動車企業をはじめ、多くの部品会社が、新車とさまざまな新技術を一斉に公開した。韓国自動車4社と部品20余社の展示場はいつよりも盛況だった。

今年7月に発効した韓国・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)が韓国自動車業界にとって大きな好材料になったからだ。欧州という巨大自動車市場で、日本・米国自動車メーカーも持たない優越的な市場接近権を握ることになった。欧州新車市場は年間1200万台規模で米国市場に匹敵する。こうした自信を反映するかのように、韓国自動車企業は今回のモーターショーで欧州市場攻略のために欧州戦略型新車を出した。欧州で人気のハッチバック「i30」の新型モデルを出した現代(ヒョンデ)車と小型車「プライド」の新型モデルを出した起亜(キア)車の展示場からも、FTAを狙った戦略を見ることができた。

韓国GMも「アベオ」のディーゼル車を出しながら5年以内に100台を輸出するなど、FTAを積極的に活用する計画を明らかにした。米国に輸出していない双竜(サンヨン)車はコンセプトカーまで見せ、欧州を最大輸出市場として準備している。欧州の大衆車メーカーも「来るべき時が来た」として韓国車の攻勢に積極的に対応している。値下げだけでなく、現地消費者が好む燃費の良い小型車の新車を多数出している。

モーターショーの場で世界最大自動車消費国の米国を思い出した。韓米FTAは両国ともに議会が批准手続きを進行中だ。米国は韓国よりも先に韓米FTA履行法案を議会で通過させる可能性が高い。これを機に米国自動車企業はこれまで韓国市場で欧州・日本企業に傷つけられたプライドを回復しようと意気込んでいる。しかし韓国の国会はどうか。民生経済よりも論理と政派に縛られて、韓米FTA批准は依然として漂流している。韓米FTAは輸出が経済を支える韓国にとって非常に大きな機会だ。来年のフランクフルトモーターショーには韓米FTA妥結ニュースで韓国自動車メーカーがもう一度、話題と羨望の主人公になることを期待したい。

フランクフルト=チェ・スンギ経済部門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP