주요 기사 바로가기

「韓米FTAは成功モデル」 クリントン長官が香港で“コリアセールス”

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.26 16:16
0
クリントン米国務長官が香港で「コリアセールス」を繰り広げた。 香港に進出したグローバル企業の代表の前で、韓米間の安保協力と自由貿易増進例は成功したモデルと強調した。

クリントン長官は25日、駐香港米国商工会議所の主催で開かれた招請講演で自由貿易の必要性を強調し、韓米自由貿易協定(FTA)を例に挙げた。 クリントン長官は「公正な競争のための模範的なモデルがコーラス(KORUS、韓米)FTA」とし「戦略的に新しい試みを見せるため、経済的な実利を上回る意味がある」と強調した。

また韓米FTAは両国が経済・外交的に、さらに人的に長期的なパートナーという点を見せている、と付け加えた。 このためオバマ米大統領が議会の批准を得るために努力していると説明した。 クリントン長官は「韓米FTAは‘FTAのモデル’」と評価した。 米国議会は韓米FTAを早ければ9月に批准する計画という。

これに先立ちクリントン長官は5月初めに米国を訪問したエジプト青年指導者10余人と会った席で「韓国を見習いなさい」と助言した。 クリントン長官は「産業化と民主化をともに達成した韓国の経験がエジプトの予備指導者にとって良い亀鑑になるだろう」と述べた。

クリントン長官はこの日の香港講演で、アジアの安定と安保で韓国など同盟国との協力が経済発展の原動力になることを強調した。 また「韓国・日本・豪州など同盟国とニュージーランドなど安保パートナーと地域安保のためにともに努力し、これが成長の基礎になった」と話した。

講演に出席したある消息筋は「アジア太平洋領域内の国との貿易および安保協力を強調したクリントン長官の講演で、米国のアジアUターン政策に対する強い意志が感じられた」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP