주요 기사 바로가기

韓国サラリーマン男性の半数、職場に妻より親しい“オフィス妻”

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.29 17:07
0
既婚サラリーマン男性の半分、女性の10人に3人が職場内配偶者を意味するオフィス・スパウズ(office spouse)がいると認めた。

オフィス・スパウズとは、実際に夫婦や恋人関係ではないが、職場で配偶者よりも親密な関係を維持する異性同僚を意味する言葉だ。

結婚情報提供会社であるデュオ(Duo)が業界では初めて設立した夫婦相談・教育機関「デュオライフコンサルティング」が、8月10日から23日まで全国の既婚男女320人を対象にオフィス・スパウズの存在に対する認識を調査した。その結果、男性は56.7%(72人)、女性は31.6%(61人)が「いる」と答え、女性より男性の方が職場内で異性同僚とより親密な関係を維持していることが分かった。

また、同じ対象にオフィス・スパウズとの一日平均会話時間を測定した結果「70分」となり、これは夫婦の一日平均会話時間である「61分」より高い数値で、夫婦間の会話の時間が職場同僚との会話時間に及ばないということが明らかになった。

オフィス・スパウズと主に話す内容としては、「会社関連(職場及び組織)」が回答者の48.1%(64人)で一番多く、続いて「業務(18.8%)」、「趣味・関心事(11.3%)」、「社会問題(10.5%)」、「家庭の事情(5.3%)」、「職場以外の人間関係(3.0%)」、「進路及びビジョン(2.3%)」、「その他(1.7%)」の順で集計された。

一方、オフィス・スパウズの存在に関する意見を聞くと、男女ともに「適当なラインだけ維持すれば構わない」と答えたが、女性24.9%(48人)は「夫婦関係を害する可能性があるため、絶対あってはならない」という意見で、男性23.6%(30人)は「職場生活の活力場所になるため、必要だ」と答えた。

オフィス・スパウズとの不倫判断基準については、男性は「性的な接触があった場合」という答えが63%(80人)で最も多かったが、女性は「性的な接触がなくても持続的な連絡」という答えが63.2%(122人)で最も多かった。「持続的な交流がなくても、存在だけで不倫」という意見も全体回答者のうち1.9%(6人)を占めた。

オフィス・スパウスに性的な魅力を感じたことがあるかという質問に対し、女性は「性的な魅力を感じたことがない」という意見が70.5%(43人)で最も高かった反面、男性は「性的な魅力を感じたことがある」という答えが69.4%(50人)となり、性別間での意見の差異が現れた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP