주요 기사 바로가기

入国拒否された日本議員「強制送還を拒否」…空港で動かず

ⓒ 中央日報日本語版2011.08.01 15:50
0
独島(ドクト、日本名・竹島)領有権を主張しながら1日午前に金浦(キンポ)空港に到着した日本自民党所属議員3人の入国が拒否された。 しかし3人が「私生活を侵害された」として日本行き飛行機への搭乗を拒否した。 事実上、金浦空港で‘座り込み’に入ったのだ。

自民党の新藤義孝衆院議員、稲田朋美衆院議員、佐藤正久参院議員が1日午前11時10分、金浦空港に到着した。 3人は入国手続きを踏もうとしたが、法務部出入国事務所の関係者らが来る前に送還待機室に案内され、入国禁止の通報を受けた。

新藤議員は航空機から降りた後、「独島は日本の領土。 しかし日韓間で意見の違いがあるので立場を話す必要がある」と主張した。また「自律的に通行が確保された日本代表の入国が禁止されれば外交的な問題になるだろう」と主張した。 自分たちが恣意的に韓国を訪れたのではなく‘日本の代表’資格で来たという主張を展開したのだ。 また「入国が拒否されればまた訪韓する」と述べた。

しかし新藤議員らは入国拒否に応じず、金浦空港に設置された臨時再待機室で日本への強制送還を拒否した。 今日予定された日本行き飛行便(午後4時25分の全日本空輸NH1164便、午後7時35分の日本航空JL94便)のうちどちらに乗るのか、または搭乗せず‘座り込み’を続けるのかについては明らかでない。

新藤議員はこの日、日本の記者らに「韓国政府が私たちの入国を拒否したのは納得できない」とし「私たちはテロリストでもないのに、何を根拠に国境の安全を害するというのか」と述べた。 さらに「(入国拒否の)前例を確認してほしい。 私生活も制限された。 理由も聞かず強制送還するというのは納得できない」と主張した。

また新藤議員は「法治国家で他国の国民代表を法の根拠なく処分するのは受け入れられない」と述べた。 日本代表という事実を改めて主張すれば韓国の法体系を無視するような発言で論議が予想される。

佐藤議員は午後1時40分、ツイッターに「テロリストに適用するものを日本議員に適用するのはおかしい」とコメントした。 また「法務部の入国管理担当が十分な説明をしないまま席を立ってしまった。 我々の入国の理由も聞かない。 適用法規の条文をなぜ我々に適用するかについても説明がない。 あまりにも不適切、不親切な対応だ」と主張した。

これと関連しハン・ヒョグン仁川空港出入国管理事務所長は「入国禁止された人は議員3人。 残りの補佐官や記者は対象でない。 したがって議員がいる臨時再審待機質には入れない」と話した。 議員は空港ですぐに日本行き飛行機に送り、日本補佐官と記者らはひとまず入国手続きを踏んだ後、また出国手続きを踏んでこそ日本へ帰ることができるということだ。

これに先立ち3人の鬱陵島(ウルルンド)行き計画に深く関与した日本拓殖大学の下條正男教授は31日午後9時30分、仁川空港を通じて密かに入ろうとしたが、入国審査で摘発され、1日午前1時40分に日本に戻った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP