주요 기사 바로가기

英語村も韓流…日中ロからも続々訪問(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.19 11:12
0
彼らはなぜ同じ非英語圏の韓国に英語を学びにくるのだろうか。ロシアの学生を引率し仁川英語村に来た教師のタチアナ・シネルニコワさん(51)は独特の教育プログラムを挙げた。彼女は「英語村のようなストーリーがある体験式英語教育はロシアにはない。学生の水準に合わせた体験中心の授業方式が信頼できる」と話した。

安い研修費用も強力な点だ。ロシアから米国やカナダなど英語圏の国に2週間の短期研修に行くと、航空券・宿泊費含め400万ウォン(約30万円)程度を負担しなければならない。だが、韓国の英語村は航空券・宿泊費含め180万ウォンあれば英語の勉強と観光を一度に解決できる。韓国英語村は外国でも注目している。3月9日に読売新聞は「国際人養成外国語漬け特区」という記事で、京畿英語村坡州キャンパスの事例を紹介した。同紙は、「英語がおもしろい」という学生たちの体験談とプログラムの内容、料金まで詳細に紹介した。

しかし国内の自治体の立場からは英語村は鶏肋と変わらなかった。運営し続ければ赤字が出るが、なくすにはこれまでつぎ込んだ資金がもったいない。一部自治体は直接的な予算支援を減らし民間に運営を任せたりもした。これに伴い、英語村は短期プログラムを作って会社員・大学生に対象を広げた。2007年からは外国人学生を誘致し始めた。

こうした努力が実を結び、国内最大規模の京畿英語村坡州キャンパスは2009年に63億ウォンだった赤字が昨年は29億ウォンに減った。民間が委託運営するソウル英語村風納(プンナプ)キャンパスと水踰(スユ)キャンパスは昨年それぞれ500万ウォン台の黒字を出した。京畿英語村坡州キャンパスの張源宰(チャン・ウォンジェ)事務総長は、「来月には韓国・ロシア・日本の学生が一堂に会して英語の勉強と各国の文化を体験できる課程を投入する。効率的な投資と該当国に合わせた戦略を用意すれば、北東アジアの英語教育市場で韓流を起こすということは決して雲をつかむような夢ではない」と話した。
英語村も韓流…日中ロからも続々訪問(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP