주요 기사 바로가기

独身のフィリピン大統領、韓国系グレース・リーに一目惚れ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.30 08:36
0
フィリピンのアキノ大統領が美貌のMCグレース・リーに惚れ込んで、その美しさを絶賛したことがわかり、彼女に対する関心が高まっている。

ソウルで生まれたグレース・リーは父親とともに10歳の時にフィリピンへ渡った。アテネオ・デ・マニラ大学でコミュニケーション学位を取り、2007年から地上波チャンネルGMAの番組「ショービズセンター」とQTVの女性ライフスタイル番組「スイートライフ」などの進行を務めている。グレース・リーはこれらの番組で韓国の文化を積極的に伝える韓流伝導師として活躍している。最近では朝のラジオ番組のDJとしても活躍するなど、フィリピン放送界の韓国人代表だ。

白い肌にすっきりした耳目口鼻、美しい容貌を持ったグレース・リーは、フィリピンの放送界に登場した当時、視聴者の関心を一身に受けた。彼女は昨年、フィリピン在住韓国人向け新聞のマニラソウルとのインタビューで、「オプラ・ウィンフリーのように私の名をつけたトークショーをやるのが夢。いつも“私自身との戦い”をしている」と話した。また、「3年間つきあった韓国人のボーイフレンドがいる。韓国に住んでいる」と明らかにした。

未婚のアキノ大統領は27日、韓国電力が主導する20万キロワット級石炭火力発電所のセブ発電所竣工式でイベントの司会を務めたグレース・リーを見て一目惚れしたという。現地メディアと韓国の通信社ニューシスの報道によると、アキノ大統領はこの日グレース・リーから目を離せなかった。アキノ大統領は、「私はセブ州知事のグウェンドリン・ガルシアが美しいということを知っていたのでセブ訪問をためらわなかった。お客さんもみんな美しいが、その中でもグレース・リーが最も美しい」と話した。

アキノ大統領はグレース・リーが母国語の韓国語でなくタガログ語と英語を使うことに大きな魅力を感じたという。アキノ大統領は、「愛を探すためならセブに定着して生活することもできる」と英語でなくタガログ語で話した。

グレース・リーの側近はニューシスとのインタビューで、「プライベートを重視しなければならない大統領がグレース・リーに公開的に好感を示したのは異例だとフィリピン全体が沸きかえっている」と話した。だが、アキノ大統領と実際に交際する可能性に対しては「わからないこと」としている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    独身のフィリピン大統領、韓国系グレース・リーに一目惚れ

    2011.06.30 08:36
    뉴스 메뉴 보기
    フィリピンのアキノ大統領美貌のMCグレース・リー。
    TOP