주요 기사 바로가기

【時論】韓流コンテンツの人気を継続させるには(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.28 15:50
0
最近ヨーロッパでコンテンツに関して二つの注目すべきことが同時に起きた。 一つは10日に仏パリで韓国大衆歌謡公演が盛大に開かれ、韓流コンテンツがヨーロッパで大きな人気を得たことだ。 もう一つは16日にベルギー・ブリュッセルで開かれた欧州連合(EU)主催「デジタルアジェンダ」会議で、ヨーロッパの「創造的コンテンツ連合」(Creative Contents Alliance)が高い評価を受けたことだ。 一見、関係がないように見えるが、この2つは実際、非常に密接に関係している。

韓国の大衆歌謡に対するヨーロッパの反応は熱かった。 韓国のコンテンツ産業界が自らこうした成果を得たのは、いくら称賛しても足りないほどだ。 ではヨーロッパ人の反応がすべて韓流コンテンツに肯定的だろうか。 欧州連合でコンテンツ政策を扱うある幹部は筆者に対し、韓国の大衆音楽がヨーロッパで持続可能なコンテンツかどうかは確信できないと述べた。 一方、韓国コンテンツに対する今回のヨーロッパの人気がインターネットやソーシャルネットワークサービスなどデジタルメディアの流通がもたらした産物という点に同意した。

ヨーロッパは16日、創造的なコンテンツに対する新しい動きを始めたと明らかにした。 「創造的コンテンツ連合」がそれだ。 ここにはフィリップス、EMI、ヤフー、BBCなど欧州メディア企業、家電産業、コンテンツ企業が参加している。 まさにメディア、コンテンツ、情報企業の同盟軍だ。 コンテンツのデジタル制作と流通を主導しようという狙いがある。 デジタルコンテンツ流通が伝統的なコンテンツ流通に比べて速くて低コストである特徴をチャンスと見て、ヨーロッパのコンテンツ構造を変化させるということだ。 創造的コンテンツ連合が新しい利用者を創出できる一つの枠組みになろうということだ。

創造的コンテンツ連合は著作物に対してもお互い情報を共有し、利用を活性化するのに焦点を置いている。 すなわち関連ソフトウェアを開発し、産業界がコンテンツに接近する方法を容易にし、それを再加工する道具を提供し始めた。 このため英国のBBCはコンテンツをコンテンツ制作者が無料で利用するよう開放した。 こうしたモデルの目標は、メディア大企業とコンテンツ中小企業がお互い協力して新しいコンテンツ生態系を形成するところにある。
【時論】韓流コンテンツの人気を継続させるには(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP