주요 기사 바로가기

中国人観光客が済州道“襲撃”…韓流・日本地震の影響(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.05 15:11
0
4日午前11時、済州市老衡洞(ノヒョンドン)の体験施設「キムチイヤギ(=キムチの話)」。 キムチづくりを体験する中国人観光客は「有意思(おもしろい)」を連発している。 キムチ実習場では100人余りの中国人観光客がキムチを漬けた。

同じ時間、西帰浦市(ソギポシ)城山邑(ソンサンウプ)日出峰の駐車場。 数十台のバスが駐車場を埋めている。 手に傘を持った中国人観光客120人が日出峰を登っていた。 この日、日出峰には雨が降ったが、中国人観光客およそ2000人が訪れた。

済州道がうれしい悲鳴をあげている。 中国の健康食品会社Infinitusの職員2013人が3日から3泊4日の日程で済州道を‘襲撃’したからだ。 会社側が優秀職員を対象に準備した観光プログラムだ。 単一観光団では過去最大規模となる。 09年9月に中国の生活用品販売会社・完米公司の職員1500人が済州道を訪れたのが過去最大規模だった。

このためホテルの確保が難しかった。 済州観光団はグランド(480人)、ロッテ(460人)、ラマダ(370人)など8ホテルに宿泊している。 動員された観光バスは56台。 今回の済州道観光は職員が選択した結果だ。 同社の職員はこれまで慰安旅行でタイなどに行っていた。 今年は日本と済州道を候補に職員に意見を聞いた。 済州道が圧倒的な支持を受けた。

観光団体の関係者は「観光費用も安いうえ、韓流ブームも広がり、職員が済州道を好んだ」と説明した。 中国人観光客はお金もよく使う。 済州道の分析によると、中国人観光客は1人当たり平均1600ドルを使うという。 日本人観光客の1人当たりの平均支出額は約1100ドル。 済州道は今回の中国観光団体誘致で152億ウォン(約11億円)以上の経済的波及効果を期待している。
中国人観光客が済州道“襲撃”…韓流・日本地震の影響(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国人観光客が済州道“襲撃”…韓流・日本地震の影響(1)

    2011.07.05 15:11
    뉴스 메뉴 보기
    4日、済州道城山日出峰を訪れた中国人団体観光客が記念撮影をしている。 健康食品会社Infinitusの職員で、2013人が済州を訪れた。 (写真=済州コンベンションビューロー)
    TOP