주요 기사 바로가기

超高速無線インターネットの普及率、韓国がOECD中1位

ⓒ 中央日報日本語版2011.07.06 16:44
0
情報通信技術(ICT)の強国として認識されてきた韓国が「モバイルブロードバンド(超高速無線インターネット)」普及部門でも世界最高水準であることが明らかになった。

5日、経済協力開発機構(OECD)の「ブロードバンド統計」報告書によると、韓国のモバイルブロードバンド加入者数は昨年末基準で4540万人で、89.9%の普及率を記録した。調査対象34カ国のうち1位で、OECD平均の2倍以上の数値を見せている。ちなみにOECD国家全体の平均普及率は41.6%だった。

韓国についで、フィンランド84.8%、スウェーデン82.9%、ノルウェー79.9%、日本76.7%などが続いた。イタリア(38.7%)、イギリス(36.9%)、フランス(35.7%)は平均にも及ばなかった。

一方、OECD国家全体のモバイルブロードバンド加入者数は5億1200万人と集計された。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP