주요 기사 바로가기

中国の淫乱チャットルームに連行された脱北女性を韓国男性が脱出手助け

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.05 11:43
0
最近、中国のインターネット淫乱チャットルームに身売りされる脱北女性が急速に増えている。彼女たちは徹底的な監視の中で、人権を蹂躙(じゅうりん)されている。“客”である韓国男性たちが彼女らの救出のために乗り出している。

4日、米国の声放送(VOA)によると、中国で脱北者保護活動を行っている韓国の人権団体関係筋は「過去には脱北女性は強制結婚や居酒屋に売られるのが大部分だったが、最近はインターネットの淫乱チャットビジネスを運営する犯罪組織に売られるケースが急速に増えている」と伝えた。淫乱チャットサイトは、インターネット使用者がアクセス料をオンラインで支払い、身体部位を露出した女性を画像を通じて見たり、彼女たちと対話したりする方式で運営されている。

主な需要者は韓国人男性だ。中国内の犯罪組織は、数十万に逹する韓国人客をターゲットにしており、この事業を拡大しながら脱北女性たちを強制的に働かせていることで知られている。

淫乱チャット業者に売られた女性たちは簡単には脱出できない。組織員はこの女性たちを徹底的に監視している。そんな彼女たちの脱出に客が積極的に関わっているという。

チャットルームをよく訪れる韓国人男性客が、脱北女性と親しくなる過程で彼女らの事情を知るようになり、そのうち一部の客が彼女たちの代わりに対北人権団体や宣教団体に助けを求めているのだ。実際にこのようなやり方で脱出に成功した者が少なくない。

テゥリハナ宣教会代表である天機院(チョン・ギウォン)牧師は「居酒屋にいる女性たちよりは救出が比較的簡単だ。ただ、金がなくて出られないだけだ」とし「運のよい女性はわれわれが1人ずつ助け出している」と伝えた。被害者は10代後半や20代前半の女性たちだという。

一方、米国国務省は、最近発表した2011年国際人身売買報告書の中で、「中国では脱北女性たちが強制結婚や売春街に売られ、いまやインターネット性売買産業(Internet sex industry)の被害者になっている」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP