주요 기사 바로가기

SHINee「世界的な歌手、夢ではないと実感した」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.04 12:05
0
英国のステージに上がった男性5人組グループSHINeeは、「想像できなかったことが実現されている」と話した。アビーロードスタジオでアジアの歌手としては初めて公演した彼らは多少上気していた。キーは「すべてがグローバル化されている。音楽活動に欧州とアジアの区別はないという気がした」と話した。また、「漠然と世界的な歌手が夢だと話したが、実際に世界的なステージを体験してみると成し遂げられない夢でもなさそうだ」と話した。

――欧州でも人気がすごいようだ。

「インターネットで少し話題になる程度だと思ったが、実際にファンの反応に接して驚いた。われわれの音楽が世界でも通じているという確信ができた」(ミンホ)

――成功要因は何か。

「“見る音楽”を追求してきたためではないかと思う。音楽も良いが5人のメンバーが音楽と一緒に完成させるパフォーマンスが好まれたようだ」(キー)

「先輩たちが先に道を作ってくれたのも大きい要因だ。BoA、東方神起、スーパージュニア先輩たちがアジアで先に作った道を私たちがじわじわとついてきたと考える。将来私たちの後輩も“SHINee先輩のおかげで良い道を歩くことができた”と思えたらいいだろう」(テミン)

――アビーロードスタジオにアジア歌手として初めて立ったが。

「光栄だ。1年前には想像もできなかったことだ」(オンユ)

「大衆音楽の聖地として通じる所で開くショーケースでさらに意味が深い。日本デビューを知らせるショーケースだが、世界へはばたく第一歩という意味で理解してくれればよいいだろう」(ミンホ)

――欧州での人気はいまからがスタートだ。どんな準備をしなければならないだろうか。

「ファンとのコミュニケーションでは言葉が最も重要な問題と考える。どんな所で活動しようがその地域の言葉を使うのがファンに対する礼儀だ。外国語の勉強をさらに熱心にするつもりだ」(オンユ)

「SHINeeの音楽ももちろん重要だが韓国文化を知らせることも疎かにしないだろう」(キー)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    SHINee「世界的な歌手、夢ではないと実感した」

    2011.07.04 12:05
    뉴스 메뉴 보기
    先月ロンドンのアビーロードスタジオ前でSHINeeの英国人ファンらが集まり歓呼の声を上げた。
    TOP