주요 기사 바로가기

<冬季五輪招致>キム・ヨナ、プレゼン徹底練習「今回は逆転負けしない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.04 10:20
0
「銃声のない戦争」。2018年冬季オリンピック(五輪)招致のための最後のレースが始まった。

李明博(イ・ミョンバク)大統領は3日(現地時間)午前、南アフリカ・ダーバンのホテルで90分間、平昌(ピョンチャン)冬季五輪招致のための現地戦略会議を主宰した。

平昌招致委からは趙亮鎬(チョ・ヤンホ)委員長、朴容晟(パク・ヨンソン)大韓体育会長、キム・ジンソン体育協力大使が、政府からは鄭柄国(チョン・ビョングク)文化体育観光部長官、金星煥(キム・ソンファン)外交通商部長官、崔重卿(チェ・ジュンギョン)知識経済部長官が出席した。青瓦台(チョンワデ、大統領府)からは千英宇(チョン・ヨンウ)外交安保首席、金大棋(キム・デギ)経済首席、金斗宇(キム・ドゥウ)広報首席が同席した。

李大統領は会議場に入ると、「よくお休みになれましたか」というあいさつの言葉だけを述べ、すぐに会議を始めた。パート別の準備点検状況を聞いた後、「至誠天に通ずという。天を動かそう」と述べた。

この日の会議では2次投票までもつれる仮想シナリオに基づいた戦略も検討したという。2010、2014年大会に挑戦し、ともに1次投票で1位になりながらも、2次投票で逆転された苦い経験を繰り返さないということだ。

李大統領はその後、英語で3の回プレゼンテーションリハーサルをし、平昌招致委の現場本部も訪れた。ここで冬季五輪のメダリスト、モ・テボム、イ・サンファ、イ・スンフンらスピードスケート選手と会い、「練習も後回しにして…」と感謝の意を伝えた。

プレゼンテーション練習も最終チェックを始めた。フィギュアスターのキム・ヨナをはじめとする発表者は1対1で指導を受けながらリハーサルを行った。発表者は歩き方、ジェスチャー、視線など細かな動作まで反復練習をした。キム・ヨナは「英語で発表するので、口に慣れるようにホテルの部屋でも頑張って練習している」と話した。今回は絶対に逆転負けをしないという覚悟だ。

養子として米国に渡り、06年トリノ冬季五輪モーグルで銅メダルを獲得したトビー・ドーソンも、平昌招致委の広報大使としての役割を果たすだけでなく、プレゼンテーションにも参加する。

AP通信は2日、ノルウェーIOC委員ハイベルク氏の話を引用し、「平昌とミュンヘンが相変わらずリードし、アヌシーはやや後れを取っている」と報じた。しかしハイベルク氏は「みんなが最後のプレゼンテーションを待っている。多くの人がまだ心を決めていない」と付け加えた。

投票権を持つIOC委員は計110人。実際、投票が予想される97-99人のうち浮動票は15-20票と推定される。一方、ミュンヘン招致委のシュバンクCEOは3日の記者会見で、「選手中心の競技で満席の観客席、各種イベントで見どころ満載のオリンピックにする」と強調した。

ドイツはウルフ大統領が、フランスはサルコジ大統領の代わりにフィヨン首相がダーバンを訪問する。

◇大陸別IOC委員現況

欧州46人、米国20人、アジア25人、アフリカ14人、オセアニア5人

◇投票不参加予想委員

慣例上不参加:ジャック・ロゲ委員長

投票権なし:韓国・フランス・ドイツなど候補都市国の委員6人

棄権(予想):オズワルド氏(スイス)、アベランゼ氏(ブラジル)など

※実際投票人数は97-99人と予想

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <冬季五輪招致>キム・ヨナ、プレゼン徹底練習「今回は逆転負けしない」

    2011.07.04 10:20
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ヨナ。
    TOP