주요 기사 바로가기

「チムジルバンにPC房、外国人には不思議な世界」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.15 11:18
0
米国ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の主人公のキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)は「ニューヨークは決して眠らない都市」と夜ごと叫んだ。地球の反対側ソウルの人はドラマに登場するニューヨーカーの生活を見て、ニューヨークのイメージを「犯罪が蔓延した恐ろしいところ」から「魅力あふれる都市」に修正した。

それならソウルにはどんな魅力があるだろうか。米CNNが運営する都市案内サイト「CNNGo」(cnngo.com)のアンドリュー・デマリア責任編集長は、「チムジルバン(韓国式サウナ)、ヘジャングク、スクリーンゴルフのように他の都市では見られないソウルのささやかな日常が魅力」と答えた。東京・香港・上海・ムンバイ・バンコク・北京・シドニーなど8都市の情報を提供するこのサイトは最近「ソウルが偉大な都市である50の理由」という記事を出し情報を提供し始めた。50の理由にはドラマと女性グループ、映画館のカップル席、水より安い焼酎、メーンディッシュより多い副菜、チップのいらないサービスなどが挙げられた。

CNNGo香港本部で働くデマリア責任編集長は本紙との電子メールインタビューで、「初めてパリに行けばエッフェル塔とルーブル博物館を見るが、その後は“本当の都市”を見たくなる」と明らかにした。自発的にある都市を訪問した人は、いつかその都市の人として生活してみたいという気持ちがあるということだ。CNNGoでソウルを別のセクションで扱うことになった理由については、「ソウルは十分に注目する価値があり、興味深く、カリスマがあふれる。始めてからいくらも経たないソウルセクションが大人気を呼んでいる」と答えた。豪シドニーで生まれ香港・ロンドンなどで記者として働き60カ国を旅したデマリア編集長はソウルで最も印象的なところとしてボーリング場とマッコリバーを挙げた。デマリア編集長が訪問したという江南(カンナム)のボーリング場は最新式施設でボーリングをしながら食事もできビールも飲めるという。

米国で生まれ韓国と米国で学校に通ったチャ・ヒウォンCNNGoソウル編集長も、「ソウルの競争力は現代的な日常の楽しさ」と話した。チャ編集長は「50の理由についての記事に理解し難いという反応も少なくなかった」という。代表的なのがオンラインゲームチャンネル、PC房(ネットカフェ)など各種の「房(バン、=部屋の意)」だったという。チャ編集長は、「ソウルの人はPC房をうんざりするほど見ているので紹介する考えもないが、外国人には驚きの観光商品になりえる」と強調した。チャ編集長は「ソウルが紫禁城や万里の長城などがある北京や、ショッピング天国の香港と競争しようとするなら何か違うものを提示しなければならない。ソウルでは珍しくないが、他の所にない文化をたくさん紹介することが世界の人をソウルに引き込む最も良い方法だ」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「チムジルバンにPC房、外国人には不思議な世界」

    2011.06.15 11:18
    뉴스 메뉴 보기
    CNNGoは「ソウルが偉大な50の理由」のひとつにチムジルバンを挙げた。映画「オールドミスダイアリー」の一場面(大きい写真)。このサイトはまた、スクリーンゴルフ場(右上)、劇場カップルシート(右下)も魅力に選んだ。デマリア編集長は個人的にマッコリバーをソウルの名所に選んだ(右中)。
    TOP