주요 기사 바로가기

現代・起亜車「排気ガスを是正する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.10 07:36
0
現代・起亜(ヒョンデ・キア)車は06年以降に販売されたディーゼルSUV(スポーツ用多目的車)無償サービスを骨子とする排出ガス過多排出是正計画書を11日に環境部に提出する。該当車種は「ツーソン」「サンタフェ」「スポーテージ」「ソレント」「ベラクルーズ」。これは、ディーゼルSUV(約80万台)がエアコンをつけた場合、窒素酸化物が基準値の最大11倍出るという環境部傘下「交通環境研究所」の調査結果によるものだ。

現代車政策調整チームおよび研究所側は「エアコンをつけた時に窒素酸化物が過多排出する技術的な原因と排出ガス自己診断装置(OBD)が作動しない理由について環境部に解明書を送る」とし「原因が出てきただけに、環境部と協議し、該当車に対する無償サービスを検討している」と述べた。

現代・起亜車は下半期に生産するディーゼルSUVに窒素酸化物をろ過する排出ガス浄化装置を追加で付着することも考慮している。環境部は現代・起亜車の是正計画書を検討した後、無償サービスを勧告する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP