주요 기사 바로가기

駐韓中国大使「中国は韓半島事態悪化防止の調停役」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.23 15:11
0



「日本の地震は人類の悲劇だ。中国・韓国・日本3カ国は歴代こうした災難克服のために共同で努力してきた。中国は日本が要請すれば、いかなる支援も提供する用意がある」。17日、ソウル孝子洞(ヒョジャドン)駐韓中国大使館で行われた張シン森中国大使(58)とのインタビューは、東日本大地震問題で始まった。第6代駐韓中国大使の張大使は31日で赴任1周年を迎える。

--日本の地震被害が深刻だ。

「人類の悲劇だ。中国は胡錦濤国家主席ら最高指導者が直ちに日本に慰労の意を伝え、3000万中国元(約54億ウォン)分の無償援助も提供した。救援物資と救援隊員を乗せた航空機がすでに災難地域へ向かったし、日本のエネルギー不足を考慮して2万トンの揮発油と重油も送った。中国は日本が要請するいかなる支援も提供する用意がある」

--中国が四川大地震を経験したのはわずか3年前だ。

「08年の四川大地震当時、中国は韓国と日本から多くの支援を受けた。私たちはその支援を決して忘れない。中国と韓国、日本の3カ国は歴代、災難を克服するために一緒に努力してきた。みんなが力を合わせなければいけない。隣国の韓国や日本で重大な災難が発生すれば、中国は全力で支援する」

--最近、韓国領事と中国人女性がからんだ「上海スキャンダル」があった。痴情問題なのか、美人計なのか。

「韓国メディアを通して知った。しかし上海駐在韓国総領事館で起きた今回のことについて私が知っていることはない。韓国政府がよく知っているのではないのか」

--中東に「ジャスミン革命」が広がっている。中国でも先月からデモを呼びかける文がインターネット上で出回っている。中国内の「ジャスミン革命」についてどう考えるか。

「世界の趨勢は平和と発展だ。現在13億人の中国人は生活に問題がない‘温飽’レベルを達成し、今は文化生活も楽しめる全面的な‘小康’社会の建設に入っている。中国人民が現在望んでいるのは政治の安定と経済の発展だ。中国は今後どんな苦境にぶつかっても、これを克服する知恵があると見る」

--14日に閉幕した全国人民代表大会(全人大)では、今後5年間の中国発展問題を扱った第12次5カ年計画が通過した。

「中国は今後、盲目的な成長を追求しないという点に注目する必要がある。環境破壊を代価とする成長はいけない。このため成長方式を変えて内需を拡大するだろう。5年間の成長率も7%に下方設定した。温家宝首相が強調したように、今年始まる第12次5カ年計画の間、‘民生改善’に政策の焦点が合わされるだろう」
駐韓中国大使「中国は韓半島事態悪化防止の調停役」(2)

【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮、リビア空襲を挙げて「核放棄」拒否
・東日本大地震で歪んだ韓半島、徐々に本来の位置へ
・少女時代とKARA、日本での活動無期限延期
・福島첂海水から放射性物質…韓国「日本産食品全数調査」
・109時間眠らず…日本は今「枝野シンドローム」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    駐韓中国大使「中国は韓半島事態悪化防止の調停役」(1)

    2011.03.23 15:11
    뉴스 메뉴 보기
    17日、ソウル孝子洞(ヒョジャドン)中国大使館で中央日報と単独会見を行った張シン森駐韓中国大使。
    TOP