주요 기사 바로가기

駐韓中国大使「中国は韓半島事態悪化防止の調停役」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.23 15:11
0
--南北関係はまだ緊張状態にある。韓国の一部からは中国が北朝鮮の肩を持っているという不満が出ている。

「韓半島の隣国として中国は心より韓半島の安定と平和を望んでいる。また責任ある大国の立場で、中国は韓半島事態の悪化を防ぐために、関係国の間を忙しく行き来しながら建設的な調停者の役割をしてきている。最近、韓半島の緊張がやや緩和する兆しがあるが、依然として不確実性が存在する。関係当事国が長い視点を持って6カ国協議を再開し、対話と交渉の軌道に戻ることを希望する」

--昨年、中国環球時報の激しい論調に驚いた。環球時報が中国政府の不満を代弁しているのではないか。

「報道機関と政府は違う。その点は韓国メディアがすぐに分かるはずだ。中国政府の各部門は報道官制度を利用して中国政府の立場を表明している。韓国も報道官制度がある。両国政府の立場がメディアの観点に基づくものではないとみる」

--昨年、尖閣諸島をめぐる日中紛争で中国が見せた強硬な態度は世界を驚かせた。03年から中国が主張してきた中国の「平和的浮上」政策は廃棄されたのか。

「中国が堅固に平和発展の道を歩むというのは臨時方便の話ではなく、中国の伝統文化と中国の利益、アジアと世界の平和を考慮して決めた戦略的選択だ。‘隣国と仲良く付き合い、隣国をパートナーにする(与党隣為善 以隣為伴)’という考えに変化はない。現在解決するのが難しい問題はしばらく棚上げして、条件と時期が成熟した後にまた話そうというのが中国の立場だ。しかし中国の領土や主権など核心利益に対する中国の態度は確固としていて、むやみに何かを話せる性質のものではない」

--今年7月1日は中国共産党創設90周年、10月10日は辛亥革命100周年なる日だ。現代の中国人にとってはどんな意味を持つのか。

「中国共産党は帝国主義と封建主義を退けて新中国を建設した。それで中国人は立ち上がったし、また裕福になり始めた。辛亥革命は孫中山(中山は孫文の号)先生の指導のもと、2000余年続いた封建王朝を倒した大きな事件で、孫先生が唱えた天下為公(天下は皇帝個人のものではなく万民のもの)思想はまだ今日を生きる中国人を鼓舞させている」

--この1年間の韓国勤務の所感は。また来年で修交20周年を迎える韓中関係をどう見るのか。最近、韓国政府は各種中国研究センターを設置し、中国研究に拍車を加えている。

「韓国に来て自ら中韓友好を増進させることに参加するというのは大きい栄光だ。責任も大きい。昨年ソウルで開催されたG20(主要20カ国・地域)会議は韓国の誇りであり、アジア全体の誇りでもある。中韓両国は今後の発展過程で諸問題で衝突することもあるだろうが、‘登高望遠着眼大局’(高く上がって遠くを眺めながら大きな絵を描く)立場で知恵を集め、お互い努力する姿勢で両国関係を発展させていくと信じている」

◇張シン森=1953年、中国上海生まれ。祖父が陰陽を考慮し、お金を意味する金、家を意味する木を用いてシン森という名前を付けた。北京外国語大学を卒業、アイルランド駐在大使と中国外務省公務処理庁主任を務めた。歴代駐韓国大使のうち最も格が高く最も洗練された外交官という評価を受ける。夫人の孫敏勤氏も現職外交官で、現在、駐韓中国大使館で大使夫人および参事として二つの役割を遂行している。


駐韓中国大使「中国は韓半島事態悪化防止の調停役」(1)

【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮、リビア空襲を挙げて「核放棄」拒否
・東日本大地震で歪んだ韓半島、徐々に本来の位置へ
・少女時代とKARA、日本での活動無期限延期
・福島の海水から放射性物質…韓国「日本産食品全数調査」
・109時間眠らず…日本は今「枝野シンドローム」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP