주요 기사 바로가기

<アジア杯>日本、“相撲サッカー”で韓国の攻撃を防ぐ

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.01.24 10:43
0



‘サムライブルー’日本が相撲で韓国の猛攻を防ぐ。25日の韓日戦に‘相撲DF’が登場する。出場停止で生じた中央DF吉田麻也(フェンロー)の空白を埋める岩政大樹(29、鹿島)は‘相撲ディフェンス’で有名だ。

岩政は17日、サウジアラビアと行った組別リーグ最終戦に出場した際、海外メディアの注目を浴びた。また割りをしながら突進するように競技場でプレーする。あたかも力士が相手を攻撃するような姿だ。カタール現地紙は当時、「日本には相撲レスラーがいるのか」とし、岩政の写真を掲載したりもした。

岩政は24日、日本取材陣とのインタビューで、「相撲は最も日本人らしい体の動き。相撲の動作を学べば体の軸がぶれない。だから倒れないし、強い。これが僕の目指す動き」と明らかにした。中学の数学教師資格を持つ岩政は理論派だ。相撲の動作をサッカーに応用するため、昨年、横綱の白鵬から技術を学んだ。

スポーツ報知は24日、「岩政、白鵬直伝‘また割り’で韓国封じ」という記事を載せた。モンゴル出身の白鵬は07年に第69代横綱になった現役最強力士。岩政は「最近、韓国に勝っていない。選手全員が最善を尽くさなければ勝つのが難しい。韓国は若い選手が攻撃陣に多いので注意したい」と覚悟を語った。

日本メディアはカタール・ドーハで行われる韓日戦を「ドーハ場所」と呼んでいる。「場所」とは相撲の大会をいう。通常1年間に6場所が開かれる。サンケイスポーツ紙は24日、「白鵬が14日、初場所で過去3度目の6連覇を達成した。いま‘横綱DF’がドーハ場所を目の前にしている」とし、岩政の相撲サッカーに期待を表した。
【今日のイチオシ記事】
・【社説】ア暃ン湾の快挙が残した課題
・リビアで相次ぎ韓国系工事現場襲撃…450億ウォンの被害
・<アジア杯>短いパスで攻撃する日本代表への対策は…
・孫正義会長「KARAは良い、解散に反対」発言が話題に
・KARAの3人、復帰条件に経営陣交替を要求
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <アジア杯>日本、“相撲サッカー”で韓国の攻撃を防ぐ

    2011.01.24 10:43
    뉴스 메뉴 보기
    25日に韓日戦を控えている日本代表チーム。
    TOP