주요 기사 바로가기

オバマの談判控えた胡錦涛の熱いプレゼントは

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.18 11:43
0
米中首脳会談を控えオバマ米大統領と胡錦涛中国国家主席がすでに水面下で経済戦争を行っている。2012年の再選のために経済再生に全力投球するオバマ大統領としては具体的な成果が切実だ。クリントン国務長官は14日、「今回の会談は実質的な成果と評価されなければならない」と中国を圧迫した。虎穴に入る立場の胡錦涛主席としてはオバマ大統領の攻勢を防ぎながらも世界2位の経済大国としての地位を固めなければならない。まさに胡主席の盾とオバマ大統領の槍がぶつかり合うものだ。

2人が最後に対面したのは昨年11月にソウルで開かれた主要20カ国(G20)首脳会議だった。当時オバマ大統領は守勢に追い込まれた。米連邦準備制度理事会(Fed)が市中債券を買い入れる方式で6000億ドル(約670兆ウォン)を放出する“量的緩和政策”を発表した直後だったためだ。米国が人為的にドルの価値を引き下げようとしているという国際社会の批判にオバマ大統領は釈明に汲々とした。中国に人民元切り上げ元貨切上げを迫れる境遇になれなかった。

今度は攻守が変わった。オバマ大統領はホワイトハウス参謀陣まで親企業派に交替して輸出ドライブを切った。2015年までに輸出を2倍に増やすという彼の目標を達成するには中国市場攻略が切実だ。米国はすでに先週財務・商務長官を前面に出して中国を圧迫し始めた。人民元切り上げと知的財産権保護および非関税貿易障壁解消を主要経済議題として扱うという意向を明確にした。

胡主席の反撃も侮れない。彼は16日にワシントンポストとウォールストリートジャーナルの共同書面インタビューを通じ、経済と関連した自身の立場をあらかじめ明らかにした。中国内のインフレを抑えるために人民元を切り上げすべきとの米国側に要求に胡主席は、「インフレは金利引き上げでも対処できる」と、「為替政策は物価をコントロールする手段ではない」と反論した。代わりに胡主席は熱いプレゼントで米国世論の歓心を買おうとするものと予想される。胡主席は先月のインド訪問時も160億ドル分の大規模購買契約でインド世論をひきつけたことがある。胡主席が米国製造業の象徴であるボーイングの本社があるシカゴを訪問するのもこれと無関係ではない。中国は米国の自動車産業投資にも関心を見せている。中国国営自動車メーカーの上海自動車グループ(SAIC)は最近ゼネラルモータース(GM)の株式1%ほどを5億ドルで買い入れている。
【今日のイチオシ記事】
・<アジア杯>日本、中東の強豪サウジに5-0で大勝…8強入り
・オバマの談判控えた胡錦涛の熱いプレゼントは
・日本、宇宙実験棟「きぼう」を韓国などに無償開放へ
・中国ステルス戦闘機「殲20」は胡錦濤主席の執念
・麗水産業団地で停電…約20社に数百億ウォンの被害
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP