주요 기사 바로가기

北朝鮮、肥料支援の中断で「人糞屋」登場

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.29 15:43
0
北朝鮮では今年、スキニージーンズやマツタケなどが人気商品になったことが分かった。 こうした商品はこれまで北朝鮮住民が容易に接することができなかったが、今年に入って国際社会の対北朝鮮制裁が強化され、該当商品の海外販路が断たれたことで、安値で大量に市場に流れたという分析だ。

西江(ソガン)大のキム・ヨンス教授(政治外交学)は28日、民族和解協力汎国民協議会(民和協)が主催した懇談会で、「スキニージーンズが流行すると、それに合う服がまた一斉に出てくる」とし「『平壌(ピョンヤン)にはなぜ中国人がこれほど多いのか』という言葉が出てくるほど、平壌住民の服装が大きく変わった」と伝えた。

キム教授はスキニージーンズとともにマツタケを今年のヒット商品に選んだ。 マツタケは日本などで販売されてきた北朝鮮の代表的な外貨稼ぎ品目で、「労働党39号室」が別途に管理し、一般住民はほとんど接することができなかった。

キム教授は「最近、国際社会の制裁強化で海外販路がふさがり、マツタケが市場に出てきている」とし「韓国までが対北朝鮮貿易を制限したことで、北朝鮮内部で活発に流通し、住民が久々にマツタケを味わうことになった」と説明した。

このほか「人糞」もヒット商品目録に入り、目を引いた。 これまでは外部から支援を受けた肥料を使用して農作業をしていたが、最近は支援が中断されたため、肥料代わりに使用する人糞が流通し始めた。キム教授は「各家庭では人の数の分だけ使用するが、思い通りに量を合わせられるものでないため、市場に‘人糞屋’が出てきた」と雰囲気を伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP