주요 기사 바로가기

【噴水台】台湾の反韓感情

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.11.22 14:18
0
1992年8月24日、ソウル明洞の中華民国大使館では、国旗である青天白日旗の最後の降納式が行われた。 「三民主義…大同団結に進もう」で始まる国歌は、華僑らのこみ上げるむせび泣きにかき消えてしまった。 「恩を忘れ義理を忘れた」と、韓国を叱咤する声も挙がった。

この日は盧泰愚(ノ・テウ)政権時、韓国が中国と公式修交を開始するとともに、台湾(中華民国)との断交を宣言した日だった。 台湾とのすべての政府間協定は破棄され、航空機や船舶の運航も中断された。 当時、韓国には明洞(ミョンドン)・北倉洞(プッチャンドン)・会賢洞(フェヒョンドン)一帯を中心に、1万8000人の華僑が住んでいた。 旧韓末の1882年に青軍について来て定着した華僑が、韓国社会に根付いてから110年たったその日、韓国に捨てられた。 それから6カ月後の93年2月、明洞のかつての台湾大使館には、中国の国旗である五星紅旗が掲揚された。

冷戦時代、分断国家であると同時に反共国家として同じ痛みを分かち合った台湾にとって、韓国の中国修交は’裏切り’だった。 韓国内でも台湾に対する憐憫と自責の雰囲気があった。 しかし新しい国際秩序が形成されていくなかで、過去の義理を維持できない韓国の境遇を台湾は理解してくれた。台湾は韓国大使館の前で太極旗を燃やしたり卵を投げつけたものの、反韓感情は些細なものだった。

紆余曲折を経て現在、韓国は台湾の5大貿易国のひとつになった。 2000年代の初盤からは、台湾でもドラマをはじめ韓流ブームが巻き起こった。 最近はどこででも韓国歌手の歌を耳にするほど近くなった。 台湾が2004年アテネ五輪のテコンドー種目で過去初めて金メダル2個を取ってからはテコンドーの人気も加わった。

国交断絶の時も耐えてきた台湾の人々が、関係のないところで反韓感情を表している。 広州アジア大会テコンドー種目における自国選手の失格事件をめぐってだ。 太極旗を燃やす場面が報道され、韓国製品の不買運動にまで飛び火する兆しも見えている。 「中国が韓国と組んで台湾の金メダルを盗んだ」というあきれた主張まで出ていて無念だが、潔白を訴えたところで、激憤している台湾人には馬の耳に念仏だ。

 われわれとしては、台湾の感情を損なうことがなかったかどうか見定めるべき出来事だ。 日本で‘嫌韓’という用語が現われてからずいぶん経つ。 例えそうだとしても、互いに礼儀は守らなくてはならない。 中国式表現を借りるなら、「礼尚往来」であるべきことを台湾人は気がつかなければならない。

高大勲(コ・デフン)論説委員


【今日のイチオシ記事】
・台湾「テコンドーの判定、韓国とは無関係」
・「韓米FTA、妥結できなければ韓国車が“第2のトヨタ”に…」
・KARA・ビッグバン、紅白に出場?
・訪朝したヘッカー氏、「建設されたばかりの遠心分離器1千個見た」
・韓国人、性転換美人コンテスト優勝


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP