주요 기사 바로가기

輸入車に対抗…国産車が割引競争

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.03 15:15
0
 国内自動車会社が6月に入って割引幅を拡大し、攻撃的なマーケティングに入った。 現代(ヒョンデ)車は2日、「6月の1カ月間、ソナタ購入顧客に50万ウォン(約4万円)の割引または‘20万ウォン割引+7%金利分割払い’を提供する」と明らかにした。 現代車は「アバンテ」購入顧客には123万ウォン割引または「5%低金利+83万ウォン割引」または「30カ月無利息分割払い」の特典を与えることにした。

起亜(キア)車も「モーニング」LPI車の購買者に20万ウォンを割引し、「K7」「カレンス」購入顧客に各30万ウォン、20万ウォンの燃料費を支援する。 GM大宇(デウ)は大型セダン「ベリタス」購入顧客に対し、先月より100万ウォン多い500万ウォンを割引する計画だ。 ルノー三星(サムスン)車は05年12月末までに登録された車を保有する顧客が「SM7」「SM5」を購入する場合、燃料費30万ウォンを支援し、最長36カ月無利息分割払いを提供する。 双竜(サンヨン)車は「チェアマンH」「レクストン」「カイロン」を50万ウォン割引、「ロディウス」を100万ウォン割引で販売する。

各企業がこのように割引幅を拡大しているのは、休暇シーズン前に車を購入しようという顧客をつかむためだ。 特に現代車は「ソナタ」「アバンテ」など主力モデルの販売マーケティングを強化し、5月の国内市場での不振をばん回する計画だ。 現代車は国産競争モデルの激しい追撃と輸入車の値下げ攻勢を受け、昨年50%を超えていた国内市場のシェアが5月には42.5%にまで落ちた。
【今日のイチオシ記事】
・【社説】書生政治の限界を見せた鳩山首相の辞任
・‘親韓派首相’辞任を惜しむも「天安」協調維持に期待感
・ムン・グニョン「ドラマで生涯初のキス」
・【6.2地方選挙】ソウル市長に呉世勲氏当選確実
・<W杯D-8>韓国代表「2勝1分けで16強に行く」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP