주요 기사 바로가기

日本でまた自動車10万台リコール

ⓒ 中央日報日本語版2010.07.01 11:05
0
日本の国土交通省は30日、東京の自動車部品メーカー「タカタ」から部品の供給を受けたトヨタ・ホンダ・日産・三菱などの車両10万台余りをリコールする予定だと明らかにした。

現地メディアはリコールの原因をエアバッグと安全ベルトの欠陥と伝えた。エアバッグに関しては00-01年に製造されたトヨタ5万738台、ホンダ2万4522台、日産3万5964台、安全ベルトと関連してはトヨタ101台、日産4020台、三菱1600台がリコール対象に含まれた。この部品メーカーはアウディ、ダイムラークライスラー、フォード、ゼネラルモーターズなどにも部品を供給している。

これとは別に日本経済新聞は、トヨタがレクサスLS460についても突然のエンジン停止を理由にリコールを考慮している、と伝えた。トヨタの最高級セダンラインのLS460は走行中に突然エンジンが停止するなどの問題点が見つかったと伝えられた。
【今日のイチオシ記事】
・「ギャラクシーSの注文量すでに100万台超」
・<W杯>「ブブゼラも誤審の原因…集中力低下、無線マイクも聞こえない」
・北朝鮮大使、韓国の大使の腕をつかみ「こんなやり方でやるなら…」
・韓流スターの死…日本に衝撃が走った
・【ニュース分析】中国の壁に阻まれた対北制裁、安保理議長声明も容易でない


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP