주요 기사 바로가기

「鳩山首相の匿名献金、ほとんどが鳩山家の資金」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.10.26 07:26
0
日本の鳩山由紀夫首相の政治資金管理団体が虚偽記載した現金が2億円に達し、このうち大部分は鳩山家の資金であることがわかったと朝日新聞が25日に報じた。

2億円のうち5万円以下の小口献金総額1億7717万円が鳩山家の資産管理会社の六幸商会を通じて寄付されたという。同紙は「六幸商会が首相の親族と個人的に契約を結んでおり、親族らが匿名で複数回にわたり寄付した可能性がある」と伝えた。これに先立ち鳩山首相は5万円以上の個人献金のうちすでに死亡した人の名義による献金や、他人の名義を盗用した献金など2177万円について、自身が寄付したものだと釈明している。

日本の政治資金規正法は年間5万円以上の個人献金は氏名を記載しなければならないが、5万円以下は匿名での寄付を可能にしている。新聞はしかし「政治資金管理団体に1年間献金できる上限は、政治家本人が1000万円、一般個人は150万円と規定されており、鳩山首相と親族の献金がこの制限に抵触する可能性がある」と指摘している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP