주요 기사 바로가기

鳩山首相「在日同胞の参政権、積極的に結論を出したい」

ⓒ アジア経済/中央日報日本語版2009.10.09 14:28
0
鳩山日本首相は9日、日本天皇の来年度の訪韓問題に関し、「天皇も思いを強く持っていると理解している」と述べた。

鳩山首相はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で李明博(イ・ミョンバク)大統領と首脳会談を行った後の共同記者会見で、「(天皇が)高齢であり、日程の問題もある」としながら、このように明らかにした。

鳩山首相は「首相がどこまでこれに関与できるかという問題もある。 私としてはこれ以上話せないが、李大統領がこのような示唆をしてくれたことに感謝している」とし「簡単に分かりましたと話せる環境ではないということを理解してほしい」と明らかにした。

また過去の問題に関し「歴史に対しては積極的、前向きに、常に真っ直ぐに見つめる勇気を持つべきだと私は話してきた」とし「それは新しい政府の中でも重要な考えとして位置を占めている」と述べた。

鳩山首相は「村山談話の意味と心を政府の一人ひとり、国民の一人ひとりが重要な考えだと理解することが大切だと考える」とし「日本と韓国の関係であるため、感情的な部分が先立つ可能性があり、そういう部分は抑制しなければならない。 国民の理解を受けるためには時間がかかる」と説明した。

在日同胞の地方参政権問題に関しては、「前向きに結論を出していきたい。 そのように考えている」と強調し、「ただ、国民の感情、思いが必ずしも統一されていない。これからしっかり内閣でも議論し、政府として結論を出したい」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP