【コラム】韓国の松は「恨」の情緒をはらむ

【コラム】韓国の松は「恨」の情緒をはらむ

2017年06月08日15時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国での生活で何が特別かという話になると、普通、固有の文化や伝統、飲食や建築の話で始めることが多い。韓国に住む外国人が故郷の家族や友達と対話をすれば、きっとこのような話題で始まるだろう。

  しかし私には初めて韓国に来た時から深い印象を受け、今でも感嘆する特別なものがある。それは韓国の自然と地形だ。初めて光化門(クァンファムン)広場に行った時、景福宮(キョンボックン)の方を眺めて深い感銘を受けたが、特に宮廷の後ろと横に位置する北岳山(プガクサン)と仁王山(インワンサン)にずっと視線を奪われた。この2つの山はそれまでに見たどの山とも違った。大きな岩と輝く岩肌、それを覆って育つ松の独特の形態と美しさがそれだ。米国や欧州ではこのような山があることを想像もできないだろう。

  なぜ韓国の山と木はこのように違う姿なのか。最近、有名な写真作家ペ・ビョンウ氏にインタビューする機会があった。ペ氏は特に松を中心に韓国の自然を表しながら世界的な名声を得た作家であるため、尋ねてみた。ペ氏は写真を始めた頃、海を中心に作業をしたという。しかし海は韓国らしさを表わすのに過度に普遍的な被写体だという結論にいたった。何をもって韓国の情緒を込めて世界と分かち合えるのかを悩んだ末、松がそれであることに気づいたという。

  ペ氏に「韓国の木はなぜ違うのか」と質問した。米国にも松があるが、まっすぐに高く育つだけだ。ペ氏は韓国の松は米国の松とは違い、上に育ち、横に伸び、また上にいくという。育ちながら傾いて曲がる。このように育つ本当の理由は厳しい環境のためだ。土壌が硬いうえ強い風に何度も苦しめられる。同じ松を風がなく柔らかい土地に植えればまっすぐに育つはずだと語った。ペ氏が表す松はまっすぐに育たず傾いて曲がるため、より美しくて独特だ。

  私はそれが「恨」の情緒と似ていると考える。厳しい環境と逆境を克服しようという努力から誕生した美しさをはらんでいるということだ。韓国の独特で美しい地形から学ぶ点だ。誰でも生きていく中で逆境を迎える。これを克服しようと努力する時、たとえその過程はつらくても、結局はより大きな美しさと強い回復力を得るだろう。韓国の自然の美しさは最も韓国的な文化・観光資産だ。

  マーク・テト(Mark Tetto)/米国人、JTBC『非頂上会談』出演者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事