<駐韓米大使襲撃>外交部「韓米同盟は強固…尹炳世・ケリー長官は緊密疎通」

<駐韓米大使襲撃>外交部「韓米同盟は強固…尹炳世・ケリー長官は緊密疎通」

2015年03月06日10時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  与野党は駐韓米大使襲撃事件の発生直後、一斉に「衝撃的テロ」と規定しながら徹底した捜査を促した。

  セヌリ党の金武星(キム・ムソン)代表は5日の党最高委員会議で「米国大使に対するテロは韓米同盟に対するテロ」として「『戦争訓練反対』と平和を叫びながら暴力を行使するのは自己矛盾」と批判した。劉承ミン(ユ・スンミン)院内代表も「テロ行為者が『戦争反対』というスローガンを叫んでいるという点は本当に衝撃的」としながら「韓米連合訓練を従北左派勢力が主張するように戦争の練習だと規定してこうしたテロ行為を犯したとすれば深刻に考えなければならない問題」と話した。

  新政治民主連合の文在寅(ムン・ジェイン)代表はこの日夕方に開かれた党緊急最高委員会で「テロはいかなる理由でも正当化できない深刻な犯罪行為」として「リッパート大使は息子の名前も韓国式でつけるほど韓国に愛情深い方」と話した。彼は「韓米同盟にいかなる亀裂も発生してはいけないということが我が党の確固たるの立場」と強調した。会議後、新政治連合は「今回の事件で衝撃を受けたリッパート大使と大使の家族、米国民に深い哀悼の意を伝え、再びこのようなテロが発生しないよう政府当局に再発防止策の整備を促す」という立場を発表した。

  これに先立ち与野党は緊急に国会外交統一委員会懇談会を開いた。趙太庸(チョ・テヨン)外交部第1次官はこの席で「韓米双方は今回の事件にもかかわらず、韓米同盟が揺らぐことなく堅固だということで認識を共にした」と明らかにした。趙次官は特に「韓米両国は、韓米同盟が今回の事件で揺らいだり損ねたりするほどもろい関係ではなく、韓米同盟は強固で今回の事件処理でも緊密に疎通し、韓米同盟をより一層しっかり作れるように意見一致を見た」と強調した。

  引き続き趙次官は「(外交チャネルを通じて米側に)深い遺憾を表明して徹底した調査と適法措置を取るという立場を伝えた」としながら「米側は事件の初期段階から政府の機敏な対応など韓国政府と国民に対して感謝の意を表明した」と説明した。彼は「尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官とジョン・ケリー米国務長官の間の電話を含め、各級外交チャネルを通した意思疎通を強化する予定」と付け加えた。

  だが与野党間では微妙な見解の差も露呈した。

  セヌリ党の一部ではキム・ギジョン氏と北朝鮮の連係の可能性を提起した。金鎮台(キム・ジンテ)議員は「キム・ギジョン氏は従北団体の所属で、北朝鮮訪問も数回しており、誰の指示でこんなことをしたのか明らかにしなければならない」と主張した。金武星代表も「背後を徹底的に調査しなければならない」と述べ、一方の新政治連合の文在寅代表は「韓国国民として非常に遺憾なことで、それがさらに政治的に拡大するのは望ましくない」という立場を明らかにした。

  新政治連合の兪銀恵(ユ・ウンヘ)報道官の記者会見をめぐって論議も広がった。兪報道官が記者会見の途中で「キム・ギジョン氏は私がよく知る大学〔成均館(ソンギュングァン)大〕の先輩なのに、個人的に突出した行動が多い方で、私がみるに極端民族主義者であるようだ」と話すとセヌリ党は権恩嬉(クォン・ウンヒ)報道官の記者会見を通じて「個人的な突出行動だと性急に線引きしたことこそ不適切な突出行動」と批判した。権報道官は「テロ犯を民族主義者として美化するのも問題」と指摘した。これに対し兪報道官は「極端民族主義者といったのが、どうしてテロ容疑者を擁護することになるのか」と反論した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事