주요 기사 바로가기

<駐韓米大使襲撃>中東歴訪中の朴大統領「韓米同盟に対する攻撃」

ⓒ 中央日報日本語版2015.03.05 13:19
0
リッパート駐韓米国大使がソウルで男に襲われ、顔などを切りつけられた事件に関し、中東を歴訪中の朴槿恵(パク・クネ)大統領は「これは駐韓米大使に対する身体的な攻撃だけでなく、韓米同盟に対する攻撃であり、決して許されない」と述べた。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の朱鉄基(チュ・チョルギ)外交安保首席秘書5日午前(日本時間)、アラブ首長国連邦(UAE)現地で記者会見し、朴大統領が現地時間の夜明けに事件の報告を受け、このように述べた、と伝えた。

朴大統領は今回の事件に関し、徹底的な捜査および警戒態勢の強化など必要な諸般措置を取っていると説明し、リッパート大使の家族のほか、オバマ大統領と米国政府にも慰めの言葉を伝えると述べた。

また朱鉄基首席秘書官は、韓国政府は今回の事件に関連して必要な措置を取り、米国政府とも迅速な情報共有など緊密に協力をしていく、と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP