初の中国産空母はクイーンエリザベス級…「3年以内に南シナ海配備」(1)

初の中国産空母はクイーンエリザベス級…「3年以内に南シナ海配備」(1)

2016年08月29日10時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今月初め、中国のインターネットサイトで軍事委員会装備発展部長の張又侠上将(隊長格)の写真が流布した。中国が自らの設計と技術で作る最初の国産航空母艦の建造現場である大連造船所を視察する場面だった。

  張上将は中国軍部において習近平国家主席と最も近い人物として分類される。やはり人民解放軍の上将をつとめた父親の張宗遜は、習主席の父親である習仲勳の故郷の友人であり戦友であった。そのためか来年の第19回党大会時に発表される次期軍事委員会の副主席の席は当然との噂が広まっている。習主席が兼ねている軍事委主席の次の席に最も近い軍実力者が、空母の建造現場を見回って激励したという意味だ。

  これと同時に大連で建造中である空母の船体がほぼ完成されたことを示す写真も公開された。空母の指令塔である艦橋(ブリッジ)もほとんど完成されて組み立てを待っている状態であることも確認された。軍事専門家の曹衛東氏は「年末には国産空母を進水できるものと思われる」として「進水後、実戦配備まではさらに2~3年かかるだろう」と話した。1年前に公開された衛星写真に比べて予想よりも早い進展を見せたのだ。中国はこれとは別に上海で第3空母を建造中だ。

  写真分析の結果、大連の新空母は角度12度のスキージャンプ台式の甲板を採用するなど全般的な設計が遼寧号を土台にしたことが明らかになった。遼寧号は中国が保有する最初の空母だ。だがウクライナの退役空母を買い入れて改造したもので現代戦で活用するにはさまざまな制約がある。専門家たちは遼寧艦は訓練・研究用に活用して実戦用では大連で建造中の新空母が実質的な1番空母の役割をするとみている。

  ある北京軍事消息筋は「公開された空母の写真と中国の技術力を考慮して総合的に判断した結果、大連の新空母は英国の中型空母クイーンエリザベス号と同級の戦力と推定される」として「空母の長さは300メートル前後、最大排水量6万5000トン級前後、速力は25ノット(時速46キロ)以上になるだろう」と話した。

  クイーンエリザベス号は船体の長さ280メートル、最大排水量6万5000トン級だ。この消息筋は「航空機の搭載力はJ-15戦闘機24~32機を含め早期警報機・電子戦機・ヘリコプターなど40~50機ほどの搭載能力を備えることになる」と見通した。J-15 24機を搭載する遼寧号に比べ向上した水準だ。中国の軍事専門家の李杰氏は「新空母は滑走距離を減らし、設計変更によって空間効率を上げた」と話した。

初の中国産空母はクイーンエリザベス級…「3年以内に南シナ海配備」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事