100%「韓国産」ヌリ号試験用ロケット、目標燃焼時間を突破

100%「韓国産」ヌリ号試験用ロケット、目標燃焼時間を突破

2018年11月28日16時29分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国型ロケット(KSLV-2)「ヌリ号」のエンジン試験用ロケットが28日午後、全羅南道高興の羅老宇宙センターから打ち上げられている。この日打ち上げられたロケットは、韓国型ロケット「ヌリ号」に搭載される75トン級液体エンジンの性能を検証するための「試験用ロケット」だ。(写真共同取材団)
  28日に打ち上げられた「ヌリ号」エンジン試験用ロケットが安定した性能を見せたことが発表された。

  科学技術情報通信部と韓国航空宇宙研究院によると、全羅南道高興(チョルラナムド・コフン)の羅老(ナロ)宇宙センターからこの日午後4時ごろに打ち上げられた試験用ロケットの燃焼時間が目標時間を越えた。

  エンジン試験用ロケットは最大高度を突破した後に落下した。エンジン試験用ロケットは韓国型発射体「ヌリ号」に使われる75トン級液体エンジンの性能を検証するためのもので、3段式ヌリ号の2段目に該当する。試験用ロケットの全長は25.8メートル、最大直径は2.6メートル、重量は52.1トンだ。

  この試験用ロケットは先月25日に打ち上げられる予定だったが、推進剤の加圧系統に異常が見つかり、日程が一度延期になっていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事