<アジア大会>サッカー決勝戦は運命の韓日戦…日本、準決勝でUAE撃破

<アジア大会>サッカー決勝戦は運命の韓日戦…日本、準決勝でUAE撃破

2018年08月30日06時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会男子サッカー決勝で「永遠のライバル」韓日が正面対決する。

  日本は29日、インドネシア・チビノンのパカンサリスタジアムで開かれた男子サッカー準決勝でアラブ首長国連邦(UAE)を1-0で破って決勝に駒を進めた。これに先立ち、ベトナムを破って先に決勝進出を決めていた韓国と来月1日に金メダルを争うことになった。

  パスワークを前面に出した日本が全般的な試合の流れを掌握する中、UAEが時折素早い逆襲で対抗するパターンが90分間続いた。日本はミッドフィールドから堅実なパスプレーで相手の危険エリア境界線まで無難に進出するものの、慢性的なゴール決定力不足で無数のチャンスを逃した。

  決勝ゴールは後半33分に出た。後半、交替カードでピッチに立った上田綺世が渡辺皓太のパスを受けてGKと正面から対抗するチャンスで冷静なシュートを決めてゴールネットを揺さぶった。残り時間を安定したパスプレーでよく耐えた日本が勝利を手にした。

  日本は主要国際大会の勝負所で韓国と正面対決を繰り広げて雌雄を競ってきた。2012年ロンドンオリンピック(五輪)銅メダル決定戦では洪明甫(ホン・ミョンボ)当時監督が率いる韓国が2-0で日本に勝って銅メダルを首にかけた。2016年U-23(23歳以下)アジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンシップ決勝では申台龍(シン・テヨン)当時監督が率いる韓国が2-0で先んじていたが、日本に3ゴールを奪われて2-3で逆転負けを喫した。

  今大会は、日本がワイルドカード(24歳以上の選手)なくすべて21歳以下の選手だけで代表チームを構成した。2020年東京オリンピック(五輪)に出場する選手たちに国際大会の経験を積ませるための措置だ。孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)を筆頭に最精鋭戦力を構築した韓国に比べて、競技力と経験が不足しているという評価だ。

  だが、韓日戦は戦力とは関係のない結果をたびたび演出してきた勝負である以上、最後まで集中力を失わない姿勢が必要だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事