韓国海軍が導入希望のF-35B、超音速飛行時にステルスコーティング剥離

韓国海軍が導入希望のF-35B、超音速飛行時にステルスコーティング剥離

2019年06月14日16時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
垂直着陸するF-35B。(写真=ロッキード・マーティン)
  米国のステルス戦闘機であるF-35ライトニングⅡが続々と配備されている中、致命的な問題点が明らかになった。垂直離着陸が可能なF-35Bと空母用のF-35Cが超音速で飛ぶ場合ステルス性能が低下する可能性が発見されたのだ。F-35Bは韓国海軍が軽空母に搭載することを念頭に置いている機種だ。また、日本がF-35Bの導入を決めた。

  米国の軍事専門メディアのディフェンスニュースは12日(現地時間)、米国防総省のF-35開発計画の内部報告書を入手し公開した。報告書によると、F-35Bは高高度での飛行速度がマッハ1.2を超える場合、ステルスコーティングに気泡が生じることがあると記載されている。ステルスコーティングが均一でなく凹凸が生じた場合、容易にはがれるおそれがある。

  ステルス戦闘機がレーダー電波を避ける方法は大きく2種類だ。1つはレーダー波にかかるケースが少なくなるように形状を作成する方法と、もう1つはレーダー電波を吸収するレーダー吸収材料(RAM)を機体全体にペンキのように塗装するかタイルのように貼り付ける方法だ。

  RAMは熱や寒さに弱い。そのためステルス戦闘機は恒温恒湿の特殊格納庫に別々に保管する必要があり、定期的にRAMを再度塗装または補修する。そのためステルス戦闘機は価格も高額だが維持費も多くかかる。

  F-35プログラムの総責任者、マット・ウィンター提督は「ステルスコーティングの問題は当座の解決方法はない」としつつも「作戦中のステルスコーティングが剥がれる可能性は非常に低いものと見られる」と述べた。

  しかし、軍事専門フリーランス・ライターのチェ・ヒョンホ氏は、「ステルスコーティングは敵機に探知される確率の問題もあるが、コーティング自体が機密であるため再度コーティングするためには韓国の場合、日本やオーストラリアの整備倉に行かなければならない」とし、「整備の頻度が多くなればコストも同時に急騰しかねない」と指摘した。

  F-35Cについては、超音速飛行後に熱のため機体が破損したことが分かった。

  また、ディフェンスニュースによると一部のF-35導入国が機密データが米国に漏れるおそれがあると主張した。F-35はロッキード・マーティンで作成された自律軍需情報システム(ALIS)と機器が搭載されている。同装置は、部品の注文、技術データ、整備計画などの情報を自動的に通知する。

  このような情報がALISを通じて米国に流れかねないという問題を2カ国が提起したという。現在F-35の事業に参加している国は米国以外ではオランダ、ノルウェー、デンマーク、イギリス、イタリア、カナダ、トルコ、オーストラリアの8カ国だ。また、韓国、日本、イスラエルは海外軍事販売(FMS)を介してF-35を導入している。

  ディフェンスニュースは、報告書には懸念を示した国がどこかは書かれていないと伝えた。韓国は空軍用のF-35Aを40台契約した。チェ・ヒョンホ氏は「ALISはかなり前から問題になっており、解決できない場合は機体のメンテナンスがかなり難しいと見られる」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事