韓経:「造船不況」の韓国、極東で活路探す

韓経:「造船不況」の韓国、極東で活路探す

2018年09月13日10時18分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年の東方経済フォーラムには韓国の自治体が初めて大規模な使節団を率いて参加した。蔚山市(ウルサンシ)の宋哲鎬(ソン・チョルホ)市長と浦項市(ポハンシ)の李康徳(イ・ガンドク)市長がそれぞれウラジオストクを訪問し、北方交流の関門を自任して競い合った。造船・鉄鋼などこれまで地域を支えてきた産業が揺らぎ海外に目を向けているのだ。

  蔚山は宋市長をはじめとして22人の使節団を構成した。宋市長はこれに先立ち文在寅(ムン・ジェイン)政権の新北方政策と連係する案のひとつとしてロシアとのエネルギー分野の協力を何回も話してきた。蔚山を北東アジアのエネルギー産業の中心地にするという構想だ。南北とロシアの天然ガスパイプライン事業が本格化すれば蔚山がロシアと韓国をつなぐ「エネルギー関門」の役割をするだろうという期待からだ。蔚山はこのほか12日にウラジオストク市政府と了解覚書(MOU)を結び、水素エネルギー実証事業、LNGバンカリングインフラ構築などの事業でもロシアと協力関係を結ぶことで合意した。

  李市長は浦項を「環東海圏クルーズ三角ベルト」の中心にするという青写真を掲げた。浦項とウラジオストク、日本西岸を連結するという考えだ。このためにまず浦項市はウラジオストクと浦項間の定期フェリー航路を開設することにした。これを手始めに北朝鮮の高城(コソン)とも連結した「統一フェリー」を推進する予定だ。

  李市長は11日に東方経済フォーラム行事の一環である韓ロビジネス会談に参加し浦項国際物流センターとロシアの農水産物を連係し、これを日本と東南アジアに輸出する3者貿易の可能性も提案した。浦項は11月に韓国で開かれる韓ロ地方協力フォーラムの初めての開催都市だ。人材交流も進める予定だ。極東連邦大学と浦項工科大学間の交流案を話し合った。

  李市長を団長とする浦項市使節団はキム・ジェドン浦項市商工会議所会長をはじめとする商工人とウ・チャンホ浦項医師協会長を含む医療スタッフら27人で構成された。ウラジオストクでの日程を終えた後は豆満江(トゥマンガン)を挟んで北朝鮮と国境を接している中国図們市を訪問する予定だ。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事