「MERS心配?別にしません」韓国人に3年前の「MERSパニック」見当たらない

「MERS心配?別にしません」韓国人に3年前の「MERSパニック」見当たらない

2018年09月12日09時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
11日午後、ソウル逸院洞サムスンソウル病院
  11日午後4時30分、ソウル江南区(カンナムグ)サムスンソウル病院本館1階ロビーの受付窓口の近くに約200人が座っている。診療が終わるごろだが、いつものように混雑している。マスクをした人が目につくのが普段とは違う点だ。

  キム・ヨンスクさん(69、女、ソウル江南区)は孫娘(7)の診療できた。キムさんは「今回はよく管理するといって中東呼吸器症候群(MERS)の心配は別にしなかった。この病院に通っていたため、他の病院に行くつもりはなかった。それでも万が一のことに備えてマスクをした」と話した。患者保護者のチョン・ジウォンさん(32、女)は「確診患者がサムスンソウル病院を通り過ぎたと聞いてちょっと驚いた。ところで、大したことではないようだ。病棟で他の患者保護者も気にしていないようだ。普段と同じだ」と話した。

  この病院の正門の前に「7日、仁川(インチョン)空港を利用し、または中東旅行歴がある方の中で発熱、呼吸器症状、消化器症状があれば、マスクを着用して別に案内を受けてください」という案内文が掲げられている。これがなければMERS関連病院だと識別することが難しいほどだ。

  このような雰囲気を反映するかのように、この病院の患者はほとんど変化がない。10日、外来患者が約4%、11日2%減った。12日、予約の取り消しも2%に過ぎない。普段と変わらない。サムスンソウル病院は2015年MERS事態の時、部分閉鎖を余儀なくされた。

  MERS患者のイさんはリムジンタクシーに乗って7日午後7時20分、サムスンソウル病院救急室に来て診療受け、夜11時44分にソウル大病院に移動した。ここで4時間22分間留まった。2015年当時にはMERS1番患者と、いわゆる「スーパー伝播者」と知らされた14番患者が救急室で無差別的に露出したが、今回は最初から選別診療所に直行した。医療スタッフも4人しか接触せず、彼らもすぐに隔離された。

  今回の変わった状況が患者に安堵感を与えた。確診患者が隔離治療を受けているソウル大病院も同じだ。予約の取り消し率が普段と変わらない。10日、外来患者は4.5%減った。ソウル大病院関係者は「MERSの影響だと見るのはあいまいだ。全体的にはほとんど影響がないと判断している」と話した。ロビーの案内デスクのチョンさんは「普段に比べて患者が減らず、以前のように不安に思うようでない」と話した。2015年MERSの時、ソウル大病院は患者が30%減った。

  ソウル大病院の窓口はMERSの影響と感じられるような雰囲気がほぼ見当たらなかった11日午後4時、1階の受付窓口職員、駐車要員の中でマスクをした人がいない。1階採血室の前には検査指示書を手にした患者で混雑していた。内科診療室の前には40人余りが順番を待っている。マスクをした人がおらず、不安に思うような人もいない。心臓内科患者イさん(65、女)は「血圧のために病院に通っているが、10日、病院から(MERS患者が)徹底して隔離されているから安心しても良いというメッセージが届いて心配せずに来た」として「今回は初期段階に管理され、隔離が上手だったそうだ。信じないと」と話した。入院患者のナムさん(36、女)は「病院で歩き回る時、別に心配しない。心配する患者がいない」と話した。

  秋祭りを控えた地方自治体もMERSの動向に神経を尖らせている。体温の測定、医療スタッフの補充など備えを強化しながら祭りを準備している。忠北清州市(チュンブク・チョンジュシ)来月1~21日「直指コリア国際フェスティバル」を正常に開くことにした。来月5~14日に開かれる清原(チョンウォン)生命の祭りも同じだ。直指コリア組織委行政運営チーム長のパク・ジョンスさんは「熱画像カメラ6台を行事場所の入口に設置し、手洗浄剤と薬品を準備して一日保健所を運営する予定」としながら「パキスタン参加者に国内の事情を説明して入国する時に精密検査を受けるように了承を得た」と話した。MERSの状況に合わせて準備をさらに強化するという計画だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事