주요 기사 바로가기

北朝鮮、ソウル精密打撃を狙った…「240ミリ操縦放射砲弾の試験発射に成功」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.12 14:08
0
北朝鮮国営の朝鮮中央通信が12日、「朝鮮民主主義人民共和国の国防科学院が操縦(誘導)放射砲弾と弾道操縦体系(システム)を新たに開発するのに成功した」と明らかにした。

続いて「国防科学院は11日、240ミリ操縦放射砲弾弾道操縦射撃試験を実施し、命中性に関する評価を進め、その優越性を検証した」とし「240ミリ操縦放射砲弾と弾道操縦体系の開発はわが軍隊の放射砲力量を質的に変化させる」と報じた。

また「国防科学院は技術的な急進で240ミリ放射砲の戦略的価値と効用性が再評価されるはずだと確信した」とし「戦闘状況で240ミリ放射砲の役割が増大するだろう」と伝えた。

 
これは北朝鮮がソウルと首都圏を狙った従来の240ミリ放射砲弾に衛星利用測位システム(GPS)操縦翼を装着して誘導化するのに成功したということだ。北朝鮮が主張するように誘導化に成功したとすれば、240ミリ放射砲弾の射程距離が増え、精密度が高まる。

北朝鮮が保有する放射砲は122・240・300・600ミリがあり、300ミリ以上の大口径放射砲はすでに誘導化を実現したと推定される。

北朝鮮は金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の指示に基づき、240ミリ以下の放射砲の誘導化も進めてきた。金委員長は昨年8月、放射砲弾生産工場を訪問した際、「122ミリと240ミリの放射砲弾の操縦化(誘導化)を実現させたのは現代戦の準備で重大な変化」と強調した。

これはソウル・首都圏の標的を精密打撃するという意図と解釈される。北朝鮮が240ミリ放射砲弾誘導化のための試験発射に成功したと発表したのは今回が初めて。朝鮮中央通信が公開した写真を見ると、前日に発射された新型240ミリ放射砲弾は誘導機能がある操縦翼が装着されている。

韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ専門研究委員は「240ミリの放射砲弾にGPS操縦翼を装着し、誘導ロケットのように発射するということだが、この場合、有効射程距離が伸びる」と明らかにした。誘導機能がない北朝鮮の従来の240ミリ放射砲弾の有効射程距離は40キロ、最大射程距離は60キロと推定されるが、新型240ミリ放射砲弾は有効射程距離が70キロ以上、最大射程距離は100キロ以上に伸びるというのがシン研究委員の説明だ。

ただ、北朝鮮の新型240ミリの放射砲弾が実際にGPS誘導機能を備えたかを操縦翼で判断するのは正確でないという指摘もある。軍情報筋は「飛行時間が短い放射砲弾がGPS誘導機能を備えるのは難しく費用もかかる」とし「操縦放射砲弾は翼をつけて方向を調整する程度かもしれない」と話した。

一部では240ミリ放射砲弾をロシアに支援する可能性にも言及されている。統一研究院のホン・ミン研究委員は「240ミリ放射砲弾の場合、二重の用途があるはず」とし「実用的なレベルではロシアの注文を念頭に置いている可能性があり、政治的には対南戦争準備を話す状況であるだけに、我々に圧力を加えようという意図もあり得る」と評価した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮、ソウル精密打撃を狙った…「240ミリ操縦放射砲弾の試験発射に成功」

    2024.02.12 14:08
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の国旗
    TOP