주요 기사 바로가기

「成果良ければ北朝鮮食堂従業員と一夜」…中国滞在労働者の暴露

ⓒ 中央日報日本語版2024.02.12 08:55
0
中国で働く北朝鮮労働者が奴隷のように搾取されているという主張があった。証言によると、北朝鮮食堂の女性職員は性的サービスの提供を強要されたりもした。

英メディアBBCは7日(現地時間)、中国で働く北朝鮮労働者が北朝鮮当局に搾取されていると報じた。

BBCによると、中国東北地方でソフトウェア開発者として勤務中の北朝鮮労働者A氏はメールを通じて「北朝鮮は情報技術(IT)労働者を奴隷のように搾取し、週6日間、一日12-14時間働かせている」と暴露した。

 
A氏は北朝鮮当局の管理者が成果の良くない職員を呼んで他の人の前でほおを叩いたり出血するまで殴るなど屈辱感を与えると伝えた。

2017-21年に中国で勤務したという北朝鮮労働者B氏も成果ほどの待遇を受けることができなかったと明らかにした。

B氏は「職場の賃金の15%程度だけを自分が受け、残りのお金は管理者と北朝鮮当局が持っていくので失望した」と吐露した。続いて「ある労働者は厳しい冬にも宿舎の暖房がなく、生活必需品を購入するための外出もできなかった」とし「評価が良かった私は週に1回、他人同行の外出が許されたが、新型コロナパンデミック期間にはこれも禁止され、1年間は職場の外に出ることができなかった」と振り返った。

労働者は北朝鮮当局が食堂の女性従業員を性的サービス提供手段として使用したとも主張した。管理者が成果が良い労働者を食堂に連れていき、女性従業員を選ばせた後、夜を一緒に過ごすようにしたが、こうした形で労働者を競争させて稼がせたということだ。

現在、外国にいる北朝鮮労働者は約10万人と推定される。その大半が中国東北地方の工場や建設現場で働いている。労働者らが2017年から昨年まで北朝鮮に送金した金額は累計7億4000万ドル(約11兆円)程度という。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP